FC2ブログ

乗らなくても

88NSR50改めNSFの整備をしました。

雨ざらしで放置していたのでフロントフォークに錆が出て来ました。

車庫の下に移動して錆び取りしようとしたら
フロントブレーキが固着して動かすのも一苦労です。

取り合えず車庫の下まで移動してフォークの錆を落としました。
DSC_0778.jpg
88CBRと並べると親子のような感じです。

まあ点錆までは落とせなかったのですが購入したときから
点錆は有ったので、まあ妥協します。

次にフロントブレーキをプチオーバーホールして動きは良くなりました。
DSC_0779.jpg
ディスクは磨耗が凄いので次に登録するまでに交換ですかね。

マスターの感触が良くないのでキャップを開けたらフルードが
ジェル状になって液体ではなかったので掃除して新しいフルードを注入しました。

もう、ここまでやったらキャブも見てみようと開けたらエライ事になってました。

予想以上の汚さで画像撮るの忘れてしまうぐらい酷い状態でした。

フレームやマフラーの錆も酷いので地道にリフレッシュして行きます。
スポンサーサイト



theme : バイクの修理・整備
genre : 車・バイク

tag : NSF

あら!ビックリ(;^ω^)

先週の日曜に久しぶりにバイクのメンテとかしていました。

その中でビックリなのがNSFのインシュレータなんですが
買って3年走行2回で割れていました。
1531744974392.jpg
外に置いてあるので錆とか凄いですが乗っても無いのに勝手に千切れるスペシャルパーツ〇〇

インシュレータに自社の刻印入れるコストがあるなら材質を良くした方が
御客の信頼を得られると思うんですがね。

みんな部品を海外で造っているのは知っているので今更、見た目を飾っても何も心に響きませんよ。

取り合えずエンジンにダイレクトに装着できるダートマックス26と言うキャブを装着しておきました。

このキャブも海外製ですがオーバーフローするので国産のPE24を使っていました。

修理してあったの大丈夫だと思います。

theme : バイクの修理・整備
genre : 車・バイク

tag : NSF キャブセッティング

リヤタイヤ交換しました。

先日自称NSFのリヤタイヤを交換しました。

12インチのラジアルタイヤを交換したのは初めてなんですが
昔バイク屋で400のリヤタイヤを人力で交換しているのを見て
自分じゃ無理だなと思いました。

まあ無理でも一度は経験と思って替えてみます。

ダメならタイヤ屋かスタンドに持ち込めば済むしね。
150905_0906~020001
まずはリヤホイールを車体から取り外します。

外したタイヤをタイヤレバーでビートを落としながら外します。
150905_0906~010001
ヒビだらけのTT91GP!

全然外れずに1時間程格闘しリムの塗装が剥げました。

取り合えず外せたので休憩を取ります。

傷だらけのホイールです。
150905_0939~010001
これをレバーで組み直します。

組み上がったのでバランスを取り直します。
150905_1032~010001
約10gのアンバランスがありました。

ついでに剥げた塗装も回しながら缶スプレーをシュッと吹き付けでリカバリーです。

最後に車体に組み付けて完成です。
150905_1103~010001
古いレース用のタイヤですがヒビ割れは無いので安心できます。

この後は疲れてゴロゴロしたので何も出来ませんでした。

次はフロントなんですが、この苦労だったら外注した方が良いですね。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

theme : メンテナンス&ケア
genre : 車・バイク

車両整備NSF(モドキ)

先日休みだったので久しぶりにバイクの整備をしてみました。

今年の2月からモンカブ耐の準備で全く乗っていないバイクが2台ありました。

自称NSFとGAGです。

取り合えずNSFを整備する為に庭の奥から出してきました。

まず気になるのは錆です。

フロントフォークのインナーに点錆が大量に出ていました。

インナーを傷つけないように一つ一つ錆を落として行きます。

硬いブラシで一擦りすれば簡単に落ちるんですがメッキに傷をつけると
錆が倍増するので楽な反面注意が必要です。

錆を落とした後燃料タンクとコックの間のシールを交換しました。
150902_1512~010001
前にタンクの錆を落とした時にシールがボロボロと崩れて無くなったので
新品を発注してありました。

カブの製作が忙しくて着ける暇が無かったのとタンクのコーティングをしたので
固まるのに時間が掛りガソリンを入れるタイミングが無かったので放置してました。
150902_1522~010001
錆の跡がありますが大方取れたので表面に耐油性の樹脂でコーティングしています。

この後キャブもスロットルが貼り付いていたので一通りオーバーホールして
ガソリンを入れられる状態になりました。

ここでリヤタイヤにカナリのヒビ割れを発見したので、取り合えずガソリンを入れるのは止めました。
150902_1603~010001
リヤタイヤを交換して乗れる状態にしてからガソリンを入れる事にしました。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

theme : メンテナンス&ケア
genre : 車・バイク

タンクの補修をしました。

今日は前々から気になっていたタンクの錆取りと補修をしてみました。

補修前のタンクは内部が錆と腐ったガソリンの固形物で
真っ赤でした。
141228_1232~01

一応取れるだけは取ろうとガリガリやったんですよ。

やった結果地面が真っ赤になるぐらい錆が出ました。
141228_1347~01
今回は連休中に作業完了させる為に水に溶かす錆取り剤を
使用しません。

乾燥させる時間がありませんから、ある程度取ったら
これ以上錆びないように樹脂で固めてしまいます。

固める樹脂ですが、エポキシ系の2液混合の熱硬化性樹脂です。
141228_1349~01
耐油性のあるもので検索し見つけた物です。

これを、秤で計りながら混合しタンクに流し込みます。
141228_1357~01
混ぜる前は、紫色ですが、混ぜると深い緑のような色になります。

コックは外し液が垂れない様にホースを差しておきます。
141228_1347~02

分かり難いですがタンクに注入し姿勢を変えながら
底面に満遍なく塗ります。
141228_1419~01
ツヤツヤです。

このまま時間を掛けて硬化させます。

自然硬化なんで時間が掛かりますが固まれば年明け走れそうです。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

theme : メンテナンス&ケア
genre : 車・バイク

リンク
月別アーカイブ