FC2ブログ

クロスミッション用キックギヤの検証

連休初日に倉庫整理したら24丁のBタイプキックギヤを発見しました。

ゴールドモンキーに載せたエンジンですが1速が強烈にクロスしているので
純正の21丁のギヤでは噛み合いません。

仕方なくキックレスにしたんですが、どうも圧縮が高いので押し掛けが難しいです。

もし24丁のキックギヤが使えるなら押し掛けから解放されます。

そこで、キックギヤの寸法を調べてみました。

まず重ねてみて、大体の大きさの違いを把握します。
1534497229341.jpg
右Bタイプ24、左Aタイプ21です。

重ねてみるとAタイプのギヤ先端がBタイプのピッチ円付近にある事が分かります。
1534497242368.jpg
エンジン組付け中にAタイプ21をミッションに合わせた時に
歯先がギリギリ掛かる位だったので期待できます。

実際の寸法を測るとAタイプ21は43.5mm
1534497263126.jpg

Bタイプ24は45.5mmで半径1mm大きくなるので1mm分噛み合いが改善されます。
1534497255005.jpg
ギヤの歯の高さが3mm位なのでピッチ円は歯の谷の中心として歯先から1.5mmだとすると
元々0.2~3噛み合っていたので半径1mm足すと0.2~0.3mm位のズレがじゃないかと思います。

ズレが大きいと、その分ギヤ同士の隙間も増えるんで異音の元になりそうです。

まあ組んでみないと何とも言えませんが使えなくはなさそうです。

ズレが0.2mm位なら普通に使えそうですがね。
スポンサーサイト

theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

tag : 横型エンジン モンキー 5速

スペクラエンジン載せ換え

ゴールドモンキーに新たに組んだスペクラ5速エンジンを載せました。

特に問題無く調子の良いエンジンですが載せ換えます。

まずは中華107エンジンを降ろします。
1533988113048.jpg
クラッチも3枚で滑り無しで絶好調です。

エンジン降ろすのは苦にならないのですが配線の加工に時間が掛かります。
1533988102181.jpg


新しいエンジンを載せて元に戻します。
1533988121308.jpg
マウントボルトの上側の長さが足りず、作業中断し買いに行きました。

今回ジェネとレギュレターを12V全波用に変更するのでジェネの配線を
ギボシから6Pカプラーに変更します。
1533988144528.jpg
違いはカプラーの白線をレギュレターの黄色線に変更し
あとはレギュレターを交換するだけです。

縦型の6Vから変更するより簡単です。

配線後に後輪を手で回してプラグの点火を確認できたので
走行可能だと思います。

しかし、この暑さでは押し掛けは無理なので涼しくなってからセッティングをします。

theme : カスタム
genre : 車・バイク

tag : スペクラ モンキー 中華107エンジン 12V 横型エンジン 国産パーツ

エンジン完成

やっとジェネとフライホイールを手に入れてエンジンが完成しました。

今回手にいれたのは、ネットで売られている軽量ロータと全波ジェネのセットです。

そのまま着くかと思ったらピックアップの取り付けが違いそのまま着かなかったので
ケースの加工をしました。
1531745035604.jpg
純正タイプのベースには、もう少し加工が必要でした。

取り付け完了しました。
1531744987372.jpg
あとは車体に載せるだけですが、今日はCB50の手入れしたり
NSFのメンテしていたので載せれませんでした。

載せるならベンリーに載せようと思います。

何故ベンリーかと言うと押し掛けするのに、ある程度車重がある方が
押し掛けし易く安心だからです。

theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

tag : チューニング 横型エンジン ベンリー

6Vケースから12V仕様!

先日今組んでいるエンジンのケースを加工しました。
1530953390126.jpg

6Vエンジンを12Vエンジンに変える加工です。

当然12Vクランクが必要ですが中古のRクランクや
最近安くなった社外のロングクランクを買えば6Vケースでも組めます。

元々この加工をやろうと思ったのは12Vのベースエンジンを買って弄ると
中身が何も残らないので結局ケースを手に入れる為に
高額な12Vエンジンを買っても勿体無いのです。

それと6Vケースは補強リブが多いのと各部の肉厚が厚い!

更にクラッチカバーのボルトとケースを締めるボルトを共有していないので
ボルトの伸びとか気にしなくて良い事ですかね。

デメリットは12Vジェネが着かないとか部分的に造りが荒い事ですが
そこも加工してしまうので関係ないです。

まずケースに12Vジェネをあてがい加工する部分を決めます。
1530953408775.jpg

リューターで削りジェネを合わせて干渉を確認します。
1530953452368.jpg

まだ干渉があるので微調整中
1530953466633.jpg

最終的に面を均して角のRを着けて終了です。
1530953483569.jpg

ピックアップコイルがスプロケ側に出るので大きなスプロケは使用できません。

theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

tag : モンキー 横型エンジン チューニング

純正70ヘッド

純正70ヘッドがイロイロありまして、年代にもよるんでしょうが
6V系の70ヘッドが一番加工に適しておりツイツイ見つけると買ってします。

中華の107エンジンとかだとポートが大きくてもバルブは6V49cc用と同じです。

従って49cc用ヘッドで107の排気量でも普通に走れます。

大体今まで回した感じだと高回転まで回っても、もう一伸びが足りない気がします。

まあ10000回転以上回していて、もう一伸び欲しいなんて贅沢な事かもしれませんがね。

そんな訳で今回のエンジンには88の排気量に70ヘッドの組み合わせで
スカッとブチ回る仕様を目指しました。

と言う事でイロイロな70ヘッドのポートとか見てみましょう。

ATC70用バルブは7刻印入り
1530441703264.jpg

E5ヘッド本来は小さいポートのはずですが加工されています。
1530441759039.jpg

E10ヘッド
1530441727712.jpg
PC20のマニならジャスフィット!

と言うか元々このヘッドに合わせて社外マニが出来ていると言うのが正しいですね。

そして無刻印と言うか削っている正体不明ヘッド
1530441804164.jpg
バルブは社外ビッグバルブを使い購入時に無かった吸気側バルブガイドは
最近の社外ヘッドを参考に自作したスペシャルです。

ポートがデカいとガイドの長さが稼げないので長くする分細くテーパーに加工しています。

ポートは超拡大研磨仕様です。

このヘッドはYオクで手に入れましたが、イロイロ事情があって出品されていたようで
だれも入札しなかった物です。

theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

tag : モンキー 横型エンジン ボアアップ

リンク
月別アーカイブ