88エンジン終了です。

中華と国産エンジンを融合した
88エンジンを降ろしました。

まだまだ、ヤリ足りない事がありますが
時間を掛け過ぎると次に進めないので
降ろしてしまいました。
111016_1455~010001

クラッチを2枚にしてキャブセッティングを
煮詰めれば更に良くなる事は分かっていますが
そこまでする程の想い入れが無いのですよ。

だって、元々余り部品と捨てるはずの
クランクケースをリサイクルしただけですから…

スペック的にはナカナカだと思うんですがね。
・Rクランク軽量バランス
・DAX70ヘッドキタコバルブ
・キタコウルトラSEカム
・武川スパヘピストン+シリンダー
・強化クラッチスプリング
・中華クロスミッション

まあ、普通のライトチューンですよね。
最高速は海底トンネルで、ぬわわkmでした。

記録も平凡ですね。
 にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

スプロケ変更後の結果

今ベンリーに積んでいるエンジンが
回し過ぎでカナリ無理をしていたので
スプロケをF15にしました。

しかし、仕事が忙しかったり
雨で乗る事ができず確認が
できませんでした。

今日は、時間できたので久しぶりに
試乗してみました。

感触としては、スピードをのせるのに
無理に回す必要は無いですが
4速でパワーバンドから
少し外れて加速が鈍ります。

どうも回し切った感がありません。
リヤのスプロケを弄れば完璧だと
思います。

41加工カムの時よりは落ち込みは
少ないですが、もう一息な感じです。

メインが大きいので少し絞れば
良くなりそうな気がします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

DAX70ヘッドとウルトラSEカムエンジンのセッティングについて

金曜にツーリングに行った時に
キャブセッティングや、その他の部分で
課題を発見しました。

まず、キャブセッティングは
やはりメインが薄く最後の一伸びが
良くありません。

それでいて、スローが走行中に
段々と濃くなりエンストを連発しました。

やはりセッティングは大切です。

木曜にCB50を取りに行ったので
セッティングを出せていなかったのが
原因です。

次にエンジン本体ではクラッチの
寿命が短そうです。

クラッチは中古の1枚にキタコの
強化スプリングなので当然と言えば
当然です。

寄せ集めで造ったエンジンなので
まあこんな物です。

高回転では振動が大きくなったり
綺麗に吹け切らないのでヘッドの
点検が必要です。

リフトの高いカムなのでバルブスプリングの
強化が必要かも知れません。

イロイロとやる事が増えちゃいましたね。

現状では、よえキロ位ですが
セッティングや見直しで
3桁を目指します。

納得行くセッティングが出たら
エンジンを載せ替える事にします。

次はロンシン124フィルタレス
ハイカム仕様です。
110810_0713~010001

カムチェーン駆動はベアリング付き
テンショナーを使用していますので
高回転までスムーズだと良いですね。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

中華88エンジン腰上組み立て

中華ベースの国産風88エンジンの
腰上を組み立てました。
110706_0950~010001
シリンダーは武川ライトボアアップ88用です。

ピストンとシリンダーを組み込みます。
110706_1023~010001
ピストンの位置も問題なし。

ピストンの形状はガスケット無しで
ヘッドに合わせても当たらなかったので
問題なしです。
スパヘツインスパークピストン
圧縮比は専用ピストンよりも落ちます。

ヘッドを装着してクランクを回しても
全く当たりません。
110706_1219~010001
6Vのカムスプロケが無かったので確認用に
12Vのカムスプロケでクランクを回しています。

カムチェーンは昔買ったギャグの純正です。

スタッドは7ミリの物を旋盤で
6ミリに加工しダイスで切り直しました。
110706_1220~010001
シリンダーの長い物に対応するために
スタッドは長目にしてあります。

ヘッドはビッグバルブです。
110706_1220~020001
ハイカムが無いので41カムの
加工品を装着しました。

カムシャフトは、ヘッドを外さずに
分解できる構造にしました。

ハイカムを購入すれば直ぐに交換できます。

スペック的にはJKカムで13000回転を
超える仕様で造りました。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

クラッチの問題解決

中華エンジンベース88エンジンの
クラッチを先週組みましたが、組み込み中に
不具合を発見したので、修正してみました。

まず何が問題化と言うとクランクと
クラッチの間に国産ではカラーがあります。

厚みは計っていませんが10ミリ弱だと思います。

中華はどうかと言うとオイルポンプ駆動ギヤがあり
厚みは6ミリ位です。

ここで厚みの違いが問題で厚過ぎはケースに
クラッチが当たらないかぎりクラッチカバーの
レバーで調整できると思います。

逆に薄過ぎはどうかというとレバーの
調整範囲を超えてクラッチが切れない為
走る事が出来ません。

そこで、オイルポンプ駆動ギヤと
クラッチ間に調整用のカラーを造り
クラッチをカバー側に移動させる事に
しました。

材料は近所のホームセンターで
3ミリ厚の座金を買ってきました。

旋盤で表面を削って面を出してから
クランクに合わせて穴を拡大しました。
110706_1500~010001


実際に組み込んでみると
110706_1502~010001
10ミリには足りませんが何とかなりそうです。

クラッチとシャフト位置を見ると普通に見えます。
110706_1503~010001
この後カバーを仮組みしてクラッチが切れるか
確認したところ、切れたので問題無さそうです。

国産エンジンと違ってイロイロと
問題が多いですが、そこが面白いところです。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

テーマ : 原付
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ