FC2ブログ

塗装の準備

今は仕事に復帰しているんですが火曜までインフルエンザで家に籠っていたので
CBR250Rのタンク塗装の準備をしていました。

ロスマンズなのでブルーと白の間に赤と金のラインが入ります。

金のラインはテープを購入したので赤の部分をスプレーで塗装します。

その為に休んでいた月曜にタンクのマスキングをしました。
1547463354035.jpg
上に薄い部分があるので、上の塗装を厚塗りしてからラインの塗装をします。

マスキング時間が掛かるので休んでいる時間を有効に使えて良かったです。
スポンサーサイト

theme : バイクの修理・整備
genre : 車・バイク

tag : CBR250R

避けては通れない

塗装は苦手です。

でもCBR250Rのタンクが赤白なんで流石にこのまま使えません。

ロスマンズカラーが台無しです。

せっかくガソリンが入っていないので、下手なりに出来るだけ塗装しておきます。

まずは凹みにパテを盛って可能な限り目立たなくします。
1546730527729.jpg

1546730537365.jpg
何度かパテを盛っては削りパテの痩せをまた盛って削りの繰り返しです。

大体凸凹が目立たなくなったのでプライマーを吹いた後にベースの白を塗ります。
1546730607462.jpg

上側にやや赤さが残っていますが青く塗装するので、このまま行きます。

この後マスキングをします。

乾くまでの間にアッパーカウルのガリ傷もパテで修復します。
1546730565085.jpg
コケているので左右のナックがガリガリです。

マスキングしたタンクに微妙に似ている塗料で塗ります。(同じ色がないんですよね)
1546762579638.jpg
何度か塗ってますが、もう一度塗らなきゃならない感じです。

アッパーカウルも塗装しました。

1546762594496.jpg
アッパーカウルの傷も目立たなくなりました。

マスキングを剥がしてみました。
1546762586916.jpg
このままだとテラカラーみたいなんで赤と金のラインを
カッティングシートかなんかでストライプを入れたいです。

元はタンクにCBRの文字がありましたができればウイングマークにしたいと思います。

theme : バイクの修理・整備
genre : 車・バイク

tag : CBR250R

そろそろ準備しましょうか

CBR250Rのバッテリーが死んでいます。
1546730488453.jpg

まあ放置状態だったので、充電したら使えるのか分かりませんが
FZRのバッテリーを購入した際にCBRのバッテリーも注文していました。

取り合えず外して新品のバッテリーと比較しました。
1546730499053.jpg
間違いなさそうです。

新品を装着しました。
1546730517878.jpg

これでエンジンを掛ける準備が出来ました。

theme : バイクの修理・整備
genre : 車・バイク

tag : CBR250R

CBR三昧です。

今日は有休なので昼頃かろCBR250Rの整備を始めました。

後の整備で邪魔になるカウルを外します。

前回カウルのボルトが緩まないのでドリルで穴を開け逆タップで外します。

足回りを整備する前に、そろそろエンジンを掛けたいのでタンクの中にポリエステル樹脂を流し固めておきます。
1545892096963.jpg
混ぜる粉の分量を間違えてムラになりました。

この後2回緩めの樹脂を流し込んだので多少マシになりました。

次に錆びてボロのフロントフォークを交換する準備で中古で手に入れたフォークを錆どめします。
1545892085979.jpg
点錆の大きいのがポツポツありますが今着いている物よりマシです。

黒錆転換材を塗った後に錆以外の余分な部分を剥がして、その上からシルバーで塗装し
点錆以外の部分を剥がします。

見た目点錆部分だけを塗装した感じになります。

錆てダストシールの逝かれたフロント周りを分解します。
1545892187449.jpg

左のダストシールが浮いています。
1545892107516.jpg
いっその事MC19に総とっかえでも良いんですけどね。
1545892116899.jpg
逆の手順で組み立てれば終了です。
1545892132097.jpg
1545892206889.jpg 
1545892214045.jpg
少し奇麗になりました。

CBRの正月前作業は、これで終了です。

続きはタンクのコーティングが固まった正月明けになります。

theme : バイクの修理・整備
genre : 車・バイク

tag : CBR250R レストア

CBRのコック修理

CBR250Rの始動をする上で燃料コックの固着を何とかしないといけません。

しかし、CBRのコックはツマミの部分のプレートがカシメで非分解式です。
1544338945871.jpg

タンクからコックを外した時リザーブの穴が何処か分かりませんでした。

其れぐらい酷い詰りになっています。

カシメを外さないと内部の修理はできませんが、修理後に組み立てる事を考えて
事前にネジ山を切っておく事にします。
1544338963338.jpg
カシメのセンターに穴を開けます。

明けた穴にM3のタップを切っておきます。
1544338971792.jpg
タップを切った後にカシメを削りとり分解します。

穴は完全に塞がっていました。
1544338982304.jpg
特にリザーブの穴はグレーの塊で埋まっています。

内部を奇麗に掃除して組み直します。
1544339100910.jpg
負圧コックも固着していて分解するのに苦労しましたが何とか分解出来ました。

元に戻して修理完了です。
1544339110115.jpg
あとはタンクに取り付ければキャブの確認に入れます。

theme : バイクの修理・整備
genre : 車・バイク

tag : CBR250R レストア

リンク
月別アーカイブ