FC2ブログ

エンジン始動

今日は朝からCDの88エンジンを修理しました。
と言ってもクラッチは2枚強化仕様のままですが
クラッチは何時でも交換できるので焦らなくてもイインデス(汗)

KC360398.jpg

途中の画像はありませんが、ここまで来るのに
タイミングスプロケットを半駒以上角度が変えられる様に
して調整しピストンのバルブリセスを切り直しました。
なんでバルブリセスを切り直すかと言うと、面研した影響で
ピストンのバルブの当たる位置が外側に変化したのが原因です。

今回ついでに、自作のブリザーとかも付けて見ました。
KC360400.jpg

これは純正のタペットキャップにタップを切って
エアー用の継ぎ手を取り付けました。
制作費は部品代だけなので、ほとんど0円です。
と言う事はプライスレスですね。


微妙に上と下でマニホの種類が違います(謎)

CD50エンジン イオンの正体

今日は、朝から新たなマシンの準備とか調査を行っていました。

詳細は言えませんが、造っておいた部品の寸法が1ミリ違ったり
でとりあえず新たな部品製作を休み明けに行います。

という事で時間ができたので、CDの異音の
修理をしました。
でエンジンの腰下付近から音がしていたんですが、
よく見たらエンジンマウント用のボルトが
断裂していました。

KC360396.jpg


断面からして、振動による断裂だと思います。
交換したら異音も無くなり元通りになりました。

KC360394.jpg


次に88エンジンのカムスプロケットを角度調整式にして組んで見ました。
しかし何だかしっくりと来ないんですよ(泣)
早く完成したいんで、とりあえず12Vヘッドに戻して
クラッチも単板強化に変更するかも知れません。

theme : 4MINI
genre : 車・バイク

無駄な作業

この前エンジンブローして、エンジン載せ替えた
NSRなんですが、50ccエンジン弄りながら
昔から考えていた計画を実行したくなって
板金加工とかしながら準備していました。
今回は謎エンジン+Jazzハーネスで
組み立てる予定となっています。


ただ休の間に完成するかは、部品が足りないので
無理だと思います。
フレームにエンジンを積むところまで行ければ
後はボチボチと仕上げて行きます。








何だか12V化したりエンジン50にしたり
全く無意味だったかも知れませんね(汗)

theme : 整備
genre : 車・バイク

イオン

スーパーじゃありません。
金曜にCDで会社に行ったんですが、
帰りにクラッチ付近から異音が発生しました。
回転を上げると音が酷くなりますが、
特にクラッチが切れなくなるとかの現象も
ない為実際には、ロックナットが緩んでいるとか
その辺の症状ではないかと思います。
早く88エンジン替えろって事ですかね~









エンジンはバラバラですが(汗)





すぐに復活できる程度なので、明日は
88エンジンの組み立てと110エンジンの
修理を行います。

製作予定

最近イロイロ実験的な物や、実用的な物を
製作したいと思っています。
まずは、CDのサブフレーム(ダウンチューブ)で
これはスタイル的に欲しい事と
オイルクーラーのマウントを
する為に必要です。

次に排気デバイス第2弾で今度は、
リニアに排気抵抗を変えるアイテムになる予定です。
排気抵抗を一定に保つ事が目的となっています。

次の構想はレーシングスタンドです。
これは単純にエンジンを乗せ換えたりする時にスタンドが
バイクから消滅する時があるんで、
メンテナンスの事も考えて
ステップとスイングアームの両方で
使える物を製作したいと思います。

後はオークションの落札具合によって
進行する物もありますので未定ですが、
2年越しの計画を形にする為にパーツを
収集しようと思います。


この内の2個でも完成すれば満足度充分な
連休になると思います。

排気デバイス

NSRのマフラーは昔の武川ダウンとAPEの加工エキパイで
造っているんですが、何しろアイドリングから爆音です(汗)
元々このマフラーがGAGに付いていた時から
バッフルも無かったんですが近所迷惑もありますので、
あまり乗っていなかったんですよ~
そこで、少しでも静かにして、走った時に
抵抗になり難い物を考えました。

070803nsr.jpg

出口にバタフライ式のバルブを取り付けてスプリングで
開閉するようにして見ました。(オーバーのパクリです)
オーバーのシステムとの違いはサイレンサー出口にあるので
エンジン特性に影響を与え難いと思われます。
これだとアイドリングは出口面積を半分にできるので
今までよりも大幅に静かです。
ところが、走り出すとバルブが開いて今までよりも
少し静かな感じで全開になります。
バルブが開くと排気抵抗が変化するので、音の変化が
楽しめます。

自作の道具

前から使っていたんですが、エンジンとか乗せ換える時に
手で支えながら片手でマウントのボルトを入れる時って
大変ですよね。
そこで、人の負担を減らす道具を造って見たんですよ。


070803etc.jpg


これは車用のパンタジャッキですが、ノーマルだと支える面が
狭すぎて落下する危険があります。
そこで、地面側とエンジンを支えるベース面を広くする事で
安定性がアップするって訳です。
これで、エンジン載せ換えも安全で楽になります。
更に改良するならステップ取り付け穴を開けると更に安心できますね

APEシート

今日はAPEシートの裏側を公開しようと思います。
まずはサスペンション側のステーは内寸170ミリで造り
サスの取り付け部の逃がしは、好みで位置決めします。
シー側に穴を開けてボルトを、ねじ込めばそのまま着きます。
この時にボルトのネジサイズが6×1.0なら5.5位で開ければ
良いかと思います。

070803cd2.jpg


070803cd3.jpg



次に前側は、ノーマルのステー部分を切り取り鉄板をビス止めして
完成です。

070803cd.jpg


全体で見るとレイアウトとか良く分かりますが、これを
参考に取り付ける人は自分のイメージに合わせて微調整して下さい。

070803cd4.jpg


シートに穴を開けるときは、ドリルにテープを巻くとか
ビニールホースを被せて、シート座面までドリルで貫通しないように
気を付けて下さい。
穴を開けたら勿体無いですからね。
リンク
月別アーカイブ