CB50S ハンドル変更

前にポジションのキツイセパハンから
一文字ハンドルに変更したCBですが
ハンドルの長さが足りずマスターが
ウインカーに干渉して変な角度に
着いていました。
MVC-325S.jpg

そこで、昨日手に入れたスワロー
ハンドルを装着してみました。
MVC-326S_20090225235254.jpg

今度はマスターが干渉する事も無く
普通に乗れる様になりました。
MVC-327S.jpg

少し不満があるとすれば長さが
左右20ミリ短いとカッコ良いんですがね。

まあ、暇を見てパイプカッターで
切断すれば済む事なので暫くは
このままで行きます。
スポンサーサイト

CD50のフロントディスク化

CD50にCB50のフロントを使って
ディスク化を計画していましたが
部品が揃ったので昨日から
装着を開始しました。

今回の目玉はディスクになる事と
キャリパーが2ポットのNSR50用を
使用している事です。
MVC-317S.jpg
今回CBフォーク用に作成したサポートです。
MVC-318S.jpg

普通に分解してノーマルフォークを
外します。
MVC-321S.jpg

この時に車体が倒れないように
ジャッキで支えてないと大変な
惨事になります。
MVC-322S.jpg
分解時はフォークのベアリングが
落ちて無くならない様に下に布や
紙を引いて見つけ易くすると良いです。

交換するフォークは元々純正なので
分解の逆の手順で組み立てます。

メーカが違うライトのスイッチや
ブレーキマスターの場合は
配線の加工が必要です。
MVC-323S.jpg
ライトのスイッチのみ別に必要となります。

スロットルも一体だったので、
取り合えず別のバイクの純正を
使って見ました。

テーマ : 4MINI
ジャンル : 車・バイク

天気が良いので気分転換にブラリッ

最近イロイロ心身共に疲れていたので
天気が良くなった午後から、
部品を探しにベンリーで一人ブラブラと
走って来ました。

春一番だったようで、風は強いですが
125なので、向かい風でも平気です。

88の時は、速いけど強風では加速が
維持できないので今のエンジンは
乗り易くて速いです。

目当てのスロットルホルダーも手に入り
更にスワローハンドドルまで手に入り
助かりました。(感謝感激です)

このハンドルは、以前からCB50に
使ってみたかったんで楽しみが
増えましたよ。

帰宅後は15時頃からベンリーの
ディスク化を開始しました。

夕方までに、フォークも組み込み
90%完成したので明日は試運転が
出来そうです。

ヘッドブリザー取り出し

暇だったのでCD50の125エンジンに
ヘッドブリザー取り出しを作りました。
MVC-319S.jpg

エンジンが意外と調子良いので
このままで夏まで乗れるように
熱対策として追加しました。

吹き上がりも良くなると思うので
今度走りに行く時にレスポンスを
確認したいと思います。

CD50 フロントのディスク化

CD50のFブレーキはドラムの為
スピードの出る車体には制動力が無さ過ぎです。

そこで、定番のCB50の足回り流用が
普通のメニューですが、人と同じでは
面白くないのでキャリパーを変更する事にしました。

サポートは鉄のフラットバーから
切り出します。

厚紙で型を造りフラットバーに
転写します。
KC360982.jpg

フラットバーを切断し形を整えて行きます。
KC360983.jpg

形になったところでフォークに
取り付けるネジを切ります。
KC360984.jpg

キャリパーをフォークに装着して
微調整して完成です。
KC360985.jpg

強度抜群で、純正に見えますが
市販では在り得ない組み合わせです。

ベンリー乗りの夢のコラボとでも
言えましょう( ̄ー ̄)ニヤリッ

テーマ : 4MINI
ジャンル : 車・バイク

電解メッキ加工

今日は錆びたボルトやナットの
使い道について考えて見ました。

普段錆びたらボルト・ナットは
交換してしまいます。

しかし、長さによっては通常入手困難な
ボルトや標準ピッチではない特殊な
ナットはバイク屋で発注となります。

しかしこのボルトが曲者で買うと意外に
高値であり錆びた位で交換するのは
納得行きません。

続きを読む

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ