FC2ブログ

新しい刺激を求めて・・・

最近イロイロなエンジンを弄っていて
自分のエンジン以外で150とか
ツインカムをみていて排気量の限界とか
凄く興味が沸いてきました。

一般的に最大排気量は160ccの
KSRヘッド17馬力が最大だと思うんですが
海外の動画を見ていたら240ccとかいまして
走行中にアクセルウイリーとかしてるのを見たら
その感覚味わって見たいと言う衝動にかられました。

しかし、動画から推測すると、腰下は
WAVE125をベースに加工ロングクランクと
他社流用のシリンダーにヘッドはWAVEみたいな
構成で普通の家庭用の設備では製作が難しいようです。

更に言えば運良く組み上げてもケースの耐久性とかは
度外視している為、即ブロー&爆発ではないかと
思われます。

現実路線に戻って考えると、160エンジンに
武川のKSR用スカッド178とかを組み込むとか
海外製のボアアップキットを使う等も考えられます。

最近2種の排気量に飽きてきたので、近い内に
何か始めようと思います。

その前に先立つ物がありません。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ←ためになる4ミニブログはこちらから

theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

6インチディスク化の目処がつきました。

今日は天気が良かったのでモンキーの
6インチホイール用のキャリパーサポートを
造ってみました。

先ずは倉庫に転がっているホームセンターで買った
フラットバーに、先週造った型紙で切り出します。
KC361670.jpg
この後、穴を開けて少しずつ寸法を
合わせます。

仮組みして回り止めのストッパーを
溶接しています。
KC361671.jpg
この時にホイールのセンターも確認します。

キャリパ-を着けてホイールのセンターと
サポートのオフセットを確認しました。
KC361673.jpg
ボルトが無かったので1本はナットで
長さを調整しました。

正面から見るとディスクとキャリパ-の
クリアランスが1ミリチョットでギリギリです。
KC361677.jpg
これぞワンオフの醍醐味ですかね。
失敗すると本物のゴミになります。

最後にちゃんと組めている
証拠に動画を見てください。
動画:モンキー 6インチディスク
6インチのディスク化はショップで
行っているところが在ります。

しかし、メチャクチャ金額が高いので
中華の前後3000円ホイールに
使うのは納得できませんでした。

今回のキャリパ-サポートの制作費は
使いかけのフラットバー数円分と
M8のボルト20円位でした。

必要なのは、やる気とスキルと時間です。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ←何が出るかな?

theme : バイク
genre : 車・バイク

6インチモンキーのディスク化の続きです。

モンキーのディスク化の為に
残る部品はキャリパーサポートです。

そこで今回フロントに装着する予定のキャリパーで
サポートの寸法を採りました。
KC361661.jpg
ホイールとのクリアランスは計算道理で
2ミリ位です。

横から見ると1ポットでも大きく見えます。
KC361662.jpg
正面から見ると横の張り出しも
かなり大きいです。

サポートを造りながらホイールのセンターも
出さなければいけません。
KC361660.jpg
まだまだ先は長そうです。


にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ←何が出るかな?

theme : バイク
genre : 車・バイク

忘れちゃいませんよモンキーのディスク化

モトチのイベント対応でスッカリと
放置プレーだった6インチモンキーですが
ディスク化を本格的に始めました。

先ずベースのスペーサーに削る為のケガキを
します。
MVC-578S.jpg
ここから削り込んで150ミリの中華ディスクが
装着できるように仕上げます。

先週作業していたので既に付いてます。
KC361650.jpg

実際にフォークに装着してみました。
KC361658.jpg
あとはホイールのセンターを出しながら
キャリパーサポートを造ります

早く完成させたいものです。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ←何が出るかな?

theme : 整備
genre : 車・バイク

オイルクーラー装着しました

GAGをフルカウルに戻して心配な事が
ありました。

それはフレームとカウルに囲まれて
熱が逃げない事です。

通常2ストのNSR50だと水冷なので
極端に熱の影響は無いと思います。

しかし、空冷のエンジンでヘッドの周りに
冷却風が当たらないのは命取りです。

そこで、前からオイルクーラーを装着しようと
思ったいたんですが部品交換会でキジマの
オイルクーラーをオマケに貰ったので
着けてみました。
KC361654.jpg
ステーが無かったので自作してみました。

装着場所はサブフレームの下側です。
KC361655.jpg
ここならシリンダーの冷却の邪魔には
ならないので安心です。

しかも取り出し口から高い位置にないので
オイルポンプの負担も少ないです。

アンダーカウルを装着して走ってみました。
KC361656.jpg
特にエンジンのパワーもタレずに走れたので
今までよりも冷えています。

これで、ツーリングにも行けそうな気がします。


にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ←何が出るかな?

theme : バイク
genre : 車・バイク

モトモトとモトチャンプに載ってます

今月のモトモトとモトチャンプに
ベンリーが載っています。
KC361657.jpg

モトモトは昨年の7月頃に浜松で撮影会が
あり11ヶ月待たされました。

しかしモトモトは写真が大きかったので
まあ納得です。

モトチャンプに関しては、エントリー代が
3000円掛かっているので、ある意味
紙面を買っている訳です。

それにしては、他のエントリーの人と撮影の
扱いが違ったので少し不満が残ります。

まあ、紙面を賑わせている方達の
引き立て役だから仕方ないですね。

まあエントリーする筈のマシンが不調で
当日にマシンチェンジしたので
自分も悪いんですがね。

今回は反省が多くて嬉しさ半分でした。

面白いのは昨年と仕様が違う事です。

昨年は、二次側クラッチを好んで
載せていましたが昨年暮れから
一次側クラッチばかり使用しています。

レスポンスは二次側が良いですが
走り出したらそんなに気になりません。

パワーは昨年のエンジンよりも
今のエンジンの方がパワー出ているので
不満はありません。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ←何が出るかな?

theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

中華125エンジンのインプレ

昨日中華125エンジンのオーナーさんから
エンジンのインプレが届きました。

まず国産106に着いて行く事ができ
離されても追いつく事が出来るとの事

そして最高速はメータ読み130キロも
出ていたそうです。

タコメーターが無いのでどれだけ
回ったのか不明ですが吹け切りまで
回していたとすると12000回転は
超えていたと思われます。

2台の国産フルチューンモンキーの
106バトルで、かなりの最高速が
出ていたと思います。

メータ誤差からいって110~120キロ
付近ではないでしょうか。

チューニング前のエンジンがメータ読み
80キロ位しか出なかったので30キロ以上の
最高速UPです。

吹き上がりもレスポンスが鋭くスペクラに近い
フィーリングとの事です。

このエンジンは、加工だけで新しい部品を
一つも投入していないので、まだパワーUPする
伸びシロがあります。

オーナーさんから更に要望があったんですが
このエンジンにゲットワンの145キットを
装着してハイカムにしたいとの事で
これからどれだけ速くなるのか楽しみです。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ←何が出るかな?

theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

塗装後の画像を出していなかったんで掘り出しました。

モトチャンプの幸田サーキットでの
撮影会に間に合わせる為に熟成していた
NSR改NSFですが、塗装後の
画像を出していない気がしたので
出してみました。
MVC-530S.jpg
CBR1000的なイメージにアンダーを
斜めに塗装しました。


マフラーはDIC(ダイシン)なので
マークの部分を赤く塗ってみました。
MVC-531S.jpg
もう少し派手でも良いんですが
気に入ったカラーが無かったので、
レーサーのベース車両のイメージにしました。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ←4ミニブログはこちらから

theme : バイク
genre : 車・バイク

エンジン組み立て台を造りました。

長い間使っていたエンジン組み立て台が
かなりボロくなってきたので新しく
造りました。

エンジンを分解組み立てする上で
重要なのは、ケース等にキズを
付けない事です。

従って、木とか柔らかい材質が理想です。

しかもクラッチカバーとかフライホイールを
外した後にクランクの左右が地面に
当たらない様に出来ていないと作業できません。

そんな事を考慮して造ってみました。
KC361642.jpg
材料代は近所のホームセンターの
端材を使って20円しか掛かりませんでした。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ←4ミニブログはこちらから

theme : 整備
genre : 車・バイク

リンク
月別アーカイブ