今日も部品を制作

今日も朝から旋盤で部品を
制作していました。

プッシュロッドを5個程と
フィルタレスを4個程
制作しました。
KC362017.jpg

年末に向けて少しずつ売り出そうと
考えています。

でも、正直プッシュロッドは
バリ取りとか手作業なんで
時間が掛かる割りに儲けが少ないです。

次の出品からは100円値上げ
しようと思います。

そうじゃないと、時間を使って
慈善事業している感じです。

儲けが無いのに造り続ける
モチベーションが続きませんから。

今日は他に、旧タイプのGet○neの
124cc2次側クラッチ用の
オイルフィルタレスキットを
制作しました。
KC362016.jpg

テスト走行も問題無く発進加速も
良くなったようです。

これは、売り出す予定はありませんが
確実に落札してもらえるのなら
コメントに書き込んで頂ければ
出品するかも知れません。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

部品のインプレ

今日は休みだったのでベアリング入り
テンショナーローラーと
強化プッシュロッドを組んだエンジンで
走ってきました。

今日走っていて気がついた事、
「ヤッパリキャブが小さい」
と言う事です。

少し前にツーリングに行く為にキャブを
扱い易いVM26にしたのですが
少し距離を走ってみて分かりました。

全然性能を出し切れていません。

回転数で言うと12000回転で
完全に頭打ちです。

PE33の時はもう500回転は
普通に回っていたので、明らかに
今は回り方が苦しい感じです。

キャブをPWK28かPE28に
変更するかPE33に戻すかです。

PE33は加速は、バカみたいに
良いのですが、全開時間10秒で
ガス欠現象になるので、使っていません。

それだけ、エンジンにガソリンを
送っているんですが空燃費では、
まだ薄いのでセッティングの
余地があります。

でも、違った面で気付いた事は
発進で普通に開けてもフロントが
軽くなる感じです。

多分トルクがUPしているせいかも
知れません。

取り合えず他にもホイールが振れて
4速で全開出来ないので、純正ホイールを
手に入れて本当の実力を調べてみます。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コンプリートエンジンの詳細

今回組んだエンジンは、いつも通り
ロッカーアームも軽量化しました。

ウルトラロッカー的な形状で
縦方向の強度も充分です。

次に見落としがちなオイルポンプですが
ここは元の組み方が悪かったりトロコイドに
バリが出てキズがありますので
オイルストーンで修正しました。

当然クランクにオイルが回っていないのに
オイルポンプの容量があるので
ピストンジェットとオリフィスも
ひと回り拡大してオーバーヒート対策
してあります。

今回はクランクのバランス取りと
コンロッドの鋳肌を落とす加工もして
更に軽量化してあります。

【仕様】
・3バルブ用ハイカム
・クランク軽量バランス&コンロッド研磨
・バルブ小径化&軽量化
・ポート拡大フィレット加工
・オリフィス&オイルジェット拡大
・ミッション抜け防止加工
・オイルフィルターレスキット装着
・強化プッシュロッド
・国産シフトドラムストッパーに変更

書いてみると、意外と大した事
無さそうですね。

チューニングと言うよりファインチューンの方が
シックリ来る内容ですかね。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

強化プッシュロッド製作

今日も休みなので新しく出品する
強化プッシュロッドを製作しました。
KC362017.jpg

出品金額は加工費が掛かっているので
600円位を予定しています。
KC362019.jpg

この部品は中華エンジンだけでなく
国産エンジンにも使用できるので
オートテンショナーのエンジンで
高回転を回す場合に御勧めです。

材料もイロイロ考えてギヤや
治具に使える材料を使ったので
少々高いですがその分耐久性も
あります。

第一ロッド3個を出品予定です。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コンプリートエンジン完成

先月からバラバラになっていた
中華124ccをやっと完成させました。
KC362014.jpg

完成が遅れたのは、自分の都合ではなく
発注した部品が届かないので放置状態でした。

腰上は、他のエンジン同様にポート加工や
バルブの軽量&小径化やクランク軽量化も
行っています。
KC362012.jpg
画像では分からないと思います。

この前ヤフオクで出品したエンジンとの
違いはハイカムが組んである事です。
KC362013.jpg
3バルブ用のハイカムでも
ロッカーと位置が合っています。

デコンプは付いていませんが
無いとロッカーが動くので
部品は取り付けてあります。

当然オイルフィルターも
取り外してある為
レスポンスも良い筈です。

ギヤ抜けもミッションを何度も
念入りに組み込んだので
多分大丈夫だと思います。

このエンジンは一度車体に載せて
パワーが出ているか確認し
その後に強化パーツを投入して
みようと思っています。

他にもバルブ周りの軽量パーツを
投入していないので、パワーの
伸び代があるので楽しみです。

このエンジンも少し乗ったら
売ってしまう予定です。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

中華124エンジンの腰上組み付け準備

中華124を組み立て中ですが
先週腰下を組み立てました。

ミッションの調整に苦労したので
比較的スムーズにギヤが入る感じがします。

今回ミッションの調整でシフトドラムに
0.6mmのシムを造って入れ同時に
ニュートラルポジションセンサーの
ボルトの座面とドラムの間にも1mmの
シムを入れてドラムがロックするのを
防止しました。

3速ギヤの位置も0.8mm位2速側に
移動して噛み合いが良くなっています。

腰上を組み立てるにあたってカムシャフトを
どうするか考えました。

手元には未使用の3バルブエンジン用の
ハイカムがあったんですが、これには
落とし穴があって、実はカムシャフトの
寸法が3ミリ程長いのです。
KC362004.jpg
左が3バルブ用です。

そこで、今回はカムシャフトを分解して
ベアリングとデコンプを外しました。
KC362007.jpg
分解しました。

削る前の状態です。
KC362008.jpg

そして、旋盤でデコンプの取り付け部を
ガリガリ削って長さを調整しました。
KC362009.jpg
旋盤が頑張っています。
KC362010.jpg
削った後です。

当然ですがデコンプレスなので、
キックは重くなると思いますが
ハイカムのパワーには代え難いので
良いと思います。
KC362011.jpg

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

強化パーツ組み込み

今日は、先週造ったテンショナーローラーと
強化プッシュロッドを中華150エンジンに
装着してみました。
KC361990.jpg
↑分解中
KC361991.jpg
↑強化プッシュロッド
KC361993.jpg
↑ベアリング入りテンショナーローラー
KC361992.jpg
↑組込後です。

装着した感想ですが、正直パワー有り過ぎで
判断が難しいです。

しかし、3速での吹け切りまでの速さは
充分体感できました。

VM26が完全に全開で頭打ちの回転までの
時間が短くしかもPE33で回っていた
領域に近いところまで吹き上がっています。

今までだと全開になっていても
スロットル開度の何%かは加速が鈍って、
エンジンの回転の上がらない領域が
発生すると思いますが、エンジンが
回りたがるのでVM26で完全に全開まで
回り続けました。

キャブがリミッター状態まで回ったのは
75ccで走っていた時以来久しぶりの
感覚です。

明らかに、エンジン側がキャブのキャパを
超えていると言う事になりますから
実際にパワーが上がっていると思われます。

壊れかけのタコメーターでも見ても
変更前よりも回転数の上昇は確認でき
全域でトルクの向上も体感できました。

この様な部品のテストは、排気量の
少ない仕様でテストした方が
変化が分かり易いので、88ccの
ジャズにも付けてみようと思います。

後は耐久性が気になるので、暫く
乗ってみて1ヵ月後に分解して
磨耗具合とか確認する予定です。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

またまた落札しました

今回は一次側2枚クラッチの124cc
バラバラ部品状態での落札です。

シリンダーやケースのアルミの雰囲気から
テクニカルのエンジンだと思われます。

少しアルミの色がくすんでいるので
特徴があります。

このエンジンはシリンダーのカムチェーンが
通る穴にスリーブがハミ出しているので
分解した状態を見れば分かります。

都合の良い事に分解されているので
クランクを削って、コンロッドも
軽量ピカピカにして、強化パーツを
クラッチに組みます。

更に、元からバルブの大きいヘッドも
ポートをガリガリ削れば、巣組みの
国産106なんかブッチギリです。

クラッチカバーを先週の部品交換会で
手に入れた国産に変更すれば
見た目も普通で速く無さそうに見えます。

普通のハイチューンエンジンと並んだら
相手は確実に油断しますよね。

そこで、バヒューンと逃げ切るのが
楽しいと思います。

しかし、スーパーヘッド系の物には
絶対勝てないと思いますけどね。

問題はヘッドガスケットは自作しないと
組めないので製作には時間が掛かります。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみよう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

強化プッシュロッド試作品完成

先週の土曜日に強化プッシュロッドを
試作しました。

寸法的には+3~6ミリ狙いで造って
スプリングのテンションが10%位は
上がると思います。

テンションを掛けると自動的にフリクションも
大きくなるので、ベアリング入りローラーが
活躍します。

12V系のエンジンはリフトの
大きいカムを使うとカムチェーンが
タワム感じになるので私はスプリングの下に
ナットを入れていました。

しかし、無理やりテンションを掛けると
ゴムが凹むので、割れるリスクも発生します。

最初からゴムじゃなければ割れないので
材質を変更し寸法を変えてテンションが
掛れば機能的ですよね。

そんな訳で、プッシュロッドができました。

価格は純正価格よりは高くなります。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみよう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

フリクションとの戦い

パワーを出すにはエンジン内部のピストンや
クランクが爆発した力を有効に活用する事が
大切です。

しかし、その多くは有効に活用されておらず
7割ぐらいは無駄になっているそうです。

無駄になっている理由はフリクションや
熱損失らしいです。

良い例が最近のスペシャルなヘッドは
ベアリングを使ったローラーロッカーアームを
各メーカー採用しています。

そんなスペシャルなヘッドが買えないので
違う部分のフリクションロスを減らしてみました。

まずはこれを見て下さい。

[広告 ] VPS

変わる事の無い伝統のテンショナー
2秒もしない内に止まります。

次は自作ベアリング入り

[広告 ] VPS

内輪を固定すると5秒近く回り続けます。
どちらが良いかは一目瞭然ですね。

強化プッシュロッドも造ったので
来週セットでロンシン124に
組み込んでみます。

更に3バルブのハイカムも買ってあるので
高回転が異常に伸びる仕様をになると
思います。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみよう

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ