FC2ブログ

今出来る事、やらねばならない事

3月11日は皆さんは、どの様に過ごされましたか?
私は心の隅に震災の事を想いながら普段通りの
生活をさせてもらいました。

イロイロとネットでも話題になっていますが
結局はイロイロ言っても奇麗事ばかりで
直接的な支援や物資の支援など行っている人以外は
唯の傍観者です。

私もその一人なんですが、ニュースステーションを
見ていて被災者の方が言っていました。

絆なんて安っぽい言葉だと…
(安っぽくなったと言ったかも)

結局はみんな言葉だけで何もしてくれないと…

軽々しく「頑張れ」とか「立ち上がれ」なんて言えません。

だってあれだけ酷い状況に耐えている人に
「頑張れ」なんて言葉は酷です。

頑張る人は被災者じゃないと思います。

テレビを見ていて自分達は被害に遭っていないから
言える言葉であって被災者の側からしたら
言葉は良いから何をしてくれるのかが
今は重要なんじゃないかって…

それと放射能に汚染された地区の牛達を
殺処分しないと酪農家に損害賠償を
出さないとか…

どこまで命を軽く見ているのか見ていて辛い事ばかり…

牛だから被爆したら殺処分なんですか?

牛だって被害に遇っているだけで
何も悪い事をした訳ではありません。

被爆させた人間が平気な顔してテレビで
会見したりして普通に生活しているのに
牛だから、商品価値が無いから、
被爆しているから殺処分なんですね。

これが人間だったらどうするんですかね?

家畜は生まれながらにして人の為に
食されたり乳牛として栄養を与えてくれて
まさに命を頂いて人間が存在している事の
感謝を忘れています。

物と同じ扱いでは可愛そうです。

でも自分には何も出来ません。

こうやって書いている事も意味がありません。
結局は何も変えられないのですから…

theme : つぶやき
genre : 車・バイク

スペシャルなパーツ

昨日天気が良かったので
ガレージで部品を造って来ました。

前にガイドローラーを試作したんですが
出来が悪かったので手直しをして
自分用に復活させました。

表面をさらって肉抜きの溝を掘ったりして
軽く造りました。
120311_1636~01
マダマダ軽量化できますが今回は
試作と言うか自分用なので仕上がりは
気にしませんが耐久性重視です。

組み込む前に、更に軽量化するかも知れません。

今回は材料の外周が小さくて凸の山を
高く造れなかったので安全を考えて
幅を広く造りました。
120311_1624~01
材料次第では薄く造る事も可能ですが
もう造る気がしません。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

御前崎フリマの収穫

昨日、御前崎フリマに行って来ました。

今回もマズマズの収穫がありました。

ではその部品を紹介します。

・6V4速リターンミッションセット
120311_0856~01
これは、12Vミッションと融合して
クロスミッションかする為に購入しました。

・車種不明のステップ
120311_0856~02
これはモンキー用に使う予定です。

・6Vヘッド
120311_0858~01
燃焼室を70ピストンが使えるように
スキッシュを加工してあります。

一瞬70のスモールバルブヘッドに
見えました。

ポートも少し拡大済でバルブも
ウエストしてある感じです。
120311_0859~02
マニアの方なのかも知れません。

しかも、カムはJKが入っていました。
120311_0859~01
今回小雨で心配しましたが
良い物を手に入れる事ができました。

来月は浜名湖フリマに出没します。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

theme : カスタム
genre : 車・バイク

明日はフリマに行きますが相変わらずネタが無いので…

今日は御前崎フリマです。

良い物に出会えると良いのですが
あまりにもツボにはまる物でも
高額な物は買えません。

だって、そんな物があるなんて
思ってないので、そんなに
御金を持っていません。

何事も心の準備と言うのがあります。

まあ安い物しか買いませんけどね。

話は変わって、エンジンを弄る上での
体感とかセッティングについて
書いてみます。

まずは回転数ですが空ぶかしで
ドンダケ回るとかあまり
意味を成しません。

あくまでも実走でどれだけ回るかが
重要です。

そこで、良く勘違いしている人は
最高速を出したいからスプロケで
減速比を最高速寄りにしてしまう事です。

最高速をやたら狙い過ぎて
パワーバンドを外して回らないとか
言う人が多いです。

まずはエンジンを仕上げて
その後にギヤ比を見直しましょう。

エンジン自体も、だた速くなるからと
無闇に取り付けた部品では
バランスが取れていないので
金を掛けても速くなりません。

そんな事は無いという人も
居るでしょうが、そう思う人は
それで良いです。

自由ですから。

どの様なエンジンを造りたいのか
コンセプトを明確にして部品を
チョイスしていれば安い仕様でも
ソコソコ速いエンジンになります。

当然ギヤ比だってトルク型のエンジンなら
ワイドに振っても速いですし
高回転型のエンジンならショートな
ギヤでも伸びていきます。

エンジンのキャラにあったギヤを
選ぶと結果としては良い方向に
セッテイングも決まります。

最初に空ぶかしは意味が無いと
言いましたが一つ意義があるとすると
空ぶかしの最高回転を実走で
越える事が無いのです。

当たり前ですね。

無負荷ですから当然です。

走った時にどこまで回るのか
見極める為には意味があります。

今週は当たり前の事をダラダラと
書いてみました。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

theme : カスタム
genre : 車・バイク

滅多にしませんが縦型エンジンの話でも

ここ最近は中華も含めて横型の
エンジンばかり弄っています。

しかし、個人的に縦型も好きですし
過去には縦型ばかりを弄っていた時期も
あります。

なぜ縦型を最近弄っていないかと言うと
元のポテンシャルが横型よりも高く
少し弄るだけで速くなり面白く無いのです。

それは良いのですが、最近の
エイプ乗りみたいに思われたくないんです。

何となく雰囲気なんですけどね。

縦型エンジンのポテンシャルの高さは
そのクランクやミッションの出来が
良い事です。

特にクランクは横型と違い
重心位置をずらしていないので
高回転まで回る事と丈夫な
5速のミッションでスムーズに
加速できます。

良く回ると言ってもドンダケって
思いますよね。

私のCB50Sは49ccで
空ぶかし15000回転以上
実走14000回転以上で
最高速は115キロ以上です。

かなり前の記録で記憶が曖昧です。

変更したのはエイプ用の
ヘッドガスケットのみで他は
加工とキャブセッティングです。

カムもCB50のノーマルですが
興味深いのは走っていて12000位で
谷が出来ますが、そこを越えると
パワーが盛り上がってきます。

ヘッドはカム軸受けを横型的に
オイル潤滑したりロッカーも
軽量化しています。

ポートも少しだけ拡大して磨いたり
マニとの段差を取ったりしています。

まあ弄ってあるので回って当たり前です。

やはりこのエンジンでも回す為には
フリクションを減らす裏業があります。

意外とパワーを捨てている人が多いです。

理由は構造からくる物ですが、単に
マニュアル至上主義の人は、ここに
気付けませんし、どうやっても
ロスがでます。

秘密は多い方が楽しみが増えるので
公表はしませんよ。

今縦型用の部品を考えています。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

theme : カスタム
genre : 車・バイク

ネタが無いのでダラダラと…

今日もネタが無いのでダラダラと
想いのままに書いてみます。

まず、よく理解していない人達の話です。

吸気を向上させてパワーを上げるのは
当たり前ですが、その為に異常に
大きいキャブを着けて走らないと
嘆く人がいます。

吸気と言うのはシリンダーの負圧によって
混合気を吸い込むので単に大きくすれば
良いわけではありません。

排気量と最高回転で必要なキャブが決まります。

大きくし過ぎるとニードル付近の負圧が
足りなくて不安定になったりエンジンの
仕様と合わないと全開まで使い切れない
状況になります。

何事も適度な大きさを選ぶのが賢いです。

ハイカムの効果の話になるんですが
ハイカムの特性は2タイプあり
リフト量がアップするタイプと
もう一つはオーバーラップが
広くなるタイプです。

ハイリフトタイプはトルク型で
オーバーラップの大きい物は
高回転型です。

それぞれの特性で選ぶキャブの大きさは
変わって来ます。

排気量が同じならオーバーラップの
大きいカムはハイリフトタイプよりも
大きいキャブになります。

ここまで来ると良い吸気の条件は
何かって気になりますよね。

ヘッドの仕上げは当たり前ですが
重視するのは排気の速さとマニホールドの
長さ太さです。

実際の体験談で言うとCB50Sで
見た目重視で社外の太目のマニに
変更した事がありますが全く
回らなくなりました。

49ccの排気量でビッグキャブ用のマニに
換えただけで最高速が低下しました。

マニ内で拡張されて流速が落ちた事で
充填効率(慣性過給効果)が落ちた
結果だと思います。

次にマフラーの話ですがマフラーは
吸気と関係ないと思っている人は
太くて抜けの良いマフラーが絶対だと
思っています。

しかしここも吸気には重要で排気された
ガスが排気ポートを出た時にシリンダー内が
負圧になります。

オーバーラップの大きいカムは
単にバルブの開いている時間が
長いだけではなく、この負圧を
利用して燃焼室に混合気を
引っ張ります。

だから単に太いだけのマフラーは
逆にパワーダウンの可能性があります。

まあ、いつもこんな事を意識して
エンジンを弄ったり車体の
仕様変更をしたりしています。


にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

theme : カスタム
genre : 車・バイク

今日もネタが無いので昔の話とか

最近12V車ばかり弄っているんで
12Vエンジンからしか知らないと
思われますが、昔はSクランクの
ゴリラに乗っていました。

もう23,4年前になりますが
その当時ボアアップキットも
武川位しか流通していなかったので
高価でした。

高価なキットが買えない(買わない?)ので
安く上げる為にCD90の純正ヘッドを
近所のWINGで発注しシリンダーだけは
武川のレギュラー用を購入しました。

当時のCD90はスモールバルブの
オールアルミヘッドでDAX70よりも
燃焼室が小さいのでピストンが
ヘッドに当たって組めなかったので
ピストンの上部をガリガリ削って
無理やり組んでみました。

組み上がったエンジンをキックすると
圧縮が高過ぎてクラッチが滑る位でした。

今乗っているJazzの88は
キックが滑るほどの圧縮はありませんので
圧縮は13とかあったのではないかと
思います。

あまりにも滑るのでプラグに
ワッシャーを噛まして圧縮を
下げて乗っていましたが
ツーリングなどで2ストと走る場合は
ワッシャーを外してフルパワーで
追っかけ回しました。

キャブはPC18(CB50用)で
当初カムはノーマルでしたが後に
武川ストリートカムに変更したり
していました。

この当時は、あまり過激なカムが
好きではなかったのですが…

点火時期も武川のタイミングプレートで
確か40°位まで進めていたので
吹き上がりもシャープな感じでした。

このエンジンはトルクが凄かったので
バーンナウトし過ぎてタイヤから糸が
出てきたりギャップではホイルスピンで
タイヤが鳴いたりともかくパワフルです。

このエンジンに伸びを出す為に
キャブを大きくしようと考えましたが
その当時は種類も限られていて
PC20を買うのでは変化が
少ないんじゃないかと言う事で
FZR400のCVキャブを
手に入れ、分解して装着しました。

このCVキャブは33ミリ径の
大口径ですがCVキャブなので
セッティングが出た後は普通に
走りました。

この仕様でDAXホイールを装着して
純正メーターを1回転させて
ストッパーに当たるまで走れたので
余裕で3桁出たと思います。

このエンジンを弄っていて
得たノウハウは今でも役に
立っています。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

ネタがないのでダラダラしています。

今週は夜勤だったので今日は
ダラダラでネタが無いの
でイロイロ思いつくままに
書いてみます。

旋盤なんですがファンネルを
造っていてどうしても斜めに
削れないのが出来栄えに大きく
影響するので斜めに削るユニットを
造ろうと検討しています。

造る為にはスライドと刃物台、スライドの
送り機構をどうする検討中です。

と言っても頭の中ではできています。

必要なのは市販のLMガイドと
高ナットにロングボルトと鉄板
少々があれば造れそうな気がします。

話は変わってベアリング入りの
ガイドローラーを試作し始めました。

結果は見た目が良くないので
見せられませんが、太い材料は
切り出すのに大変です。

切る間に材料が溶けて主軸が
止まってしまいます。

更に手持ちの突っ切りバイトでは
中心部まで到達できないので
サンダーでキー材を削ってロングの
突っ切りバイトを造って削ってみました。

結局は途中で材料が溶けて
切れなかったので弓鋸切るし
かなかったのです。

そんな訳で試作はしますが労力が
ハンパ無いので自分の以外は
造れません。

ここからエンジンの話です。

よく圧縮を上げるとエンジンが
壊れるとか点火を進めると壊れるとか
伝説があります。

しかし計算上の圧縮比とエンジンの
回転中の圧縮は違います。

回転中は80%位の充填率しか無いので
容積を80%換算すると計算上は
11の圧縮でも9いきません。

更にハイカムを組むと低回転では
圧縮が下がります。

だからハイカムは組んだだけで
乗り難くて速くならないんですよ。

高回転はハイカムの効果で充填効率が
上がるので実質圧縮アップして
速くなります。

点火時期についてもセッティング無しで
早めたら薄くなってノッキングが出ます。
当たり前です。

燃焼効率を上げる為に早めているのに
燃やす燃料が無ければ壊れて当たり前です。

ソモソモ点火を早める必要がある
エンジンだから進めるのであって
必要の無い物を進めても効果は微妙です。

圧縮でも触れましたがハイカムでは
高回転で充填効率が上がります。

従って圧縮が上がるので耐ノック性を
考えると高回転で点火時期を
遅角するCDIを使うのも有効です。

ただし元の点火時期が純正CDIでは
遅いので遅角しなくても壊れません。

と言う事は、ここの伸び代は
マダマダあると思います。

じゃあ理想のエンジンはどういう物かは
言いません。

自分で考えましょう。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう

theme : ひとりごと
genre : 車・バイク

リンク
月別アーカイブ