遂に完成しました。

数年前から組んでいたモンキーが
完成しました。

置き場の関係から製作を中断し
1年以上放置していましたが
ガレージを借りた事で製作を
再開し完成しました。

後はバッテリーを積めば走れます。
120826_0945~01
普通に走行するには、これ位の
車高でないと不便です。

スイングアームが地面と平行になるまで
ローダウンする事も出来ますが
6インチなんで危険です。

欲を言えばフロントフェンダーは
下げたいと思っています。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

49ccハイコンプピストンを仮組みしてみた。

49ccエンジンを新たに組み直す為に
6VピストンとRクランクを組み合わせ
ハイコンプ仕様のエンジンを組む予定です。

旋盤が直って、ピストントップの
修正ができたので前のエンジンに
仮組みしてみました。

ガスケットが着いていると普通に見えます。
120826_1205~01
何だか使えそうな気がしますね。

しかし、シリンダーからはトップリングが
飛び出します。
120826_1205~02
このシリンダーは0.6ミリ削っているので
実際には面一です。

どれ位飛び出すのか分かり易い角度で
見てみましょう。
120826_1206~01
この状態で7.8ミリトップまであります。

削り無しの標準シリンダーなら
7.2ミリぐらいだと思います。

実際にバルブを追い込んだヘッドも組んで
みましたが上死点でも全く干渉はありません。
120826_1203~01
このシリンダーと組み合わせても
バルブクリアランスは、かなり余裕が
あります。

これだけ圧縮が高ければトルクもあり
ハイカムでもソコソコ速く走りそうです。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

偶然ですが攻めて行くと似てしまうみたいです。

49ccエンジン用に新たに6Vピストンを
加工しましたが、完成した形が昔の
レース用キットパーツのピストンに似ています。
6Vピストン形状合わせ

燃焼室が当時の物に近い6Vヘッドに合わせて
加工したので自然に近い形になるのかもしれません。
120829_2141~01
昔の雑誌に載っていたレース用の
キットパーツのピストンです。

昔のエンジンとは言え、こんなに尖らして
圧縮上げて走っていたというのは
凄い事です。

現存するなら是非欲しい部品です。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

旋盤修理の詳細

突然旋盤が直った感じになっていますが
実はイロイロ考えて実験した結果です。
120824_1703~02

まず、普通に電源を造ってDC40Vで
直接モーターを駆動しましたが
パワーが無さ過ぎて3ミリのアルミを
削るのも厳しい状態でした。

次にレギュレター式にしようと
部品は一通り集めたんですが
どうしてもDC32Vしかならないので
考えた末諦めました。

最後に元の基盤の前に付いていた
電源を使う方法です。
120824_1704~01
この電源はAC80V出ていたので
直接使うのは危険です。

モーターの仕様が分からないのに
いきなり80V掛けたら危険です。

前の電源の部品は35V仕様の部品だったので
今回は220Vまで対応した部品を選択しました。
120824_1703~01
この部品でAC⇒DCに変換され
電圧の変化を安定させます。

この基板の後に抵抗を着けて
回転を制御しようと企んだんですが
電気流したら一発オシャカで
導通が無くなりました(汗)

燃えなくて良かったです。

結局この基板に10W100Ωの
セメントで固めた抵抗を取り付け
電圧を下げたら丁度良い回転に
なりました。

こんな感じで修理をしてみましたが
もう少し回転を下げたいので抵抗の
バリエーションを増やしてスイッチで
切り替えようかと思っています。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

旋盤が使えるようになりました。

旋盤の修理が何とかできました。

まだ機能的には回復していない部分もありますが
取り合えず昔の回転数でソコソコのパワーで
削れるので合格です。
卓上旋盤
久しぶりです。

使ってないうちに少し錆びました(汗)

最初に削った物は6Vのピストンです。

一応手で削った物をヘッドにセットして
当りの強い部分を旋盤で落としました。
6Vピストン形状合わせ
旋盤でサラッと削っただけでヘッドに
嵌めた時のフィット感が違います。

形が整っているって大事ですよ。

上手く削れた様でも意外とバランスが
悪かったみたいです。

少しづつ工作を始めようと思います。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

スイングアームとチェーンとスプロケのマッチング

先日チェーンが届いたんでモンキーに
着けてやろうと作業を開始したんですが
直ぐに問題が発生しました。

実はスイングアームがスタビ付き
4センチロングなんですがスタビに
チェーンが干渉します。
スタビ付きスイングアーム
F16-R31の組み合わせでは完全に当たります。

フロントのスプロケを小さくすれば
多少は良くなりますがホイールが
6インチと小さいのでスピードが
50cc以下になってしまいます。

そこで、リヤのスプロケを24の小さい物に
替えてみました。
スプロケ24
大きさを比較すると、かなり大きさが違います。

ホイールと比較すると丁度良い感じもします。
6インチホイールとスプロケ

取り付け後のチェーンとスイングアームです。
120823_1644~02
取り合えず干渉も無くなったので
走れると思います。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

2種類のヘッドでテストを予定しています。

49ccのポテンシャルUPの為に
少しづつ加工している6Vヘッドですが
実はもう一つの仕様があります。

もう一つは12Vピストンを使う
仕様です。

12Vピストンと6Vヘッドの組み合わせは
圧縮が低すぎて使えないのですが
前に組んだ時に燃焼室の肉盛りが
甘かったので、追加で盛って見ました。
120819_1606~01
右が新たに肉を盛ったヘッドです。

ピストンのギリギリまで盛りましたが
圧縮はマダマダ足りない気がします。

普通に走れるのかを検証して見ないと
いけませんが、ローコンプエンジンで
どこまで走れるかが楽しみです。
(期待はしてませんが)

前回に組んだ時のフィーリングでは
低中速全然ダメで全開でクラッチミートして
半クラでパワーバンドで加速して
やっとスピードが乗って来るんですが
シフトアップで回転が落ちて失速します。

今回は少しはマシになっていると良いのですがね。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

49ccフルチューンエンジンの奥深さ

歳を取ってきたせいか、最高速が
果てしなく上がる排気量の
大きいエンジンに興味が
無くなってきました。

元々高額なハイスペックパーツや
最新パーツには興味が無いですし
純粋に国産に拘る事もありません。

私はマニアでもコレクターでもありません。

じゃあ何に拘って弄っているのか?

と言う事になりますが拘りは
「自分が弄って楽しく、乗って不満の無い事」
どちらかと言うと弄って楽しい部分の
ウエイトが大きいですかね。

だから排気量の大きいエンジンを
持っていますが流して走るのは楽ですが
ハイパワー過ぎて街乗りでは疲れます。

今弄っている49ccチューンは街乗りは
普通にこなせて、最高速も車の流れに
充分のれる性能があれば充分楽しいです。

「使い切れる性能」と言いますか
シフトが忙しいのが楽しいんですよ。

「操っている感」とでも言いますかね。

昔の人が言っていた「人馬一体」って
感覚かも知れません。

回し切って走っても全然危なく無い
気持ち良さです。(分かるかな~)

大人ですから生きるか死ぬかの
限界の走りは求めません。

家族の居る大人ですから節度のある
大人の楽しみ方です。

その中でも限界は求めてますよ。

エンジン造りに妥協はありません。

やる時は排気量が大きくても小さくても
何時も本気です。

本気じゃない趣味なんて唯の人間関係ゴッコの
延長に過ぎないので「糞食らえ」です。

で最高の褒め言葉はバイク屋で
「このエンジンあんたしか組めないよ(汗)」
と言われた時が快感です。

心の中で「ヨッシャ!ヤッテヤッタゼ~」と
叫ぶのです。(大人ですから声にしませんよ)

本気の人じゃないと貰えない
私にとっての最高の褒め言葉です。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

6Vヘッドとピストンの観察

12VヘッドにRクランクで
49ccエンジンを弄っていましたが
12Vヘッドではポートの形状や
バルブサイズに限界があるので
6Vヘッドを使えないか考えていました。

普通に考えて12Vピストンで6Vヘッドを
組み合わせると圧縮が下がり過ぎて
全く吹き上がりません。

カムがハイカムだと更に低速が無くなります。

前に実験で組んだ時は最高速40キロ程しか
出なかったと思います。

結局ヘッドを12Ⅴヘッドに替えただけで
倍以上のスピードが出るようになったのですが
不完全燃焼でした。

今回その反省を元にシッカリと形状や
寸法を確認して6Vヘッドを使えるように
部品を加工しようと思います。

6Ⅴヘッドを使うには6Ⅴピストンを
使うのが一番です。

しかし12Vクランクに6Vピストンを
使うとシリンダーから3ミリ程
飛び出します。
120819_1929~01
このピストンで組むには全体を
3ミリ小さくするかシリンダーに
細工して調整するかです。

取り合えずピストンの加工に
影響しそうな部分の寸法を
調べてみました。
6Vピストン寸法
ピストントップの肉厚は4.3ミリ
側面と内側の壁までの寸法が
6ミリあります。

意外と加工する余裕があります。

ピストンをガスケット着きの
6Vヘッドに嵌めて見ました。
120818_1513~01
燃焼室にブチ当たった状態で
ガスケットから上がシリンダーに
入る部分です。

何とかなりそうなので燃焼室形状に
合わせて削ってみました。
120818_1512~01
エッジを落として丸みをつけただけです。

12Vピストンと比べると
トップリングがシリンダーの面と
殆ど同じ位置に来ます。
120818_1515~01
したがってトップリングがヘッドに入れば
取り合えずは当たらずに組めるはずです。

加工後のピストンを嵌めて見ました。
120818_1513~02
ガスケット位置まで入りました。

バルブのオーバーラップ時の
リフト量を無視すれば組める感じです。

すぐに必要では無いですから
ボチボチと仕上げてみます。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

ブレーキが直りました(汗)

先日ツーリングの後でモンキーの
ブレーキを修理しました。

修理といっても悪い部品が特定できないので
中古のヤマハJOGのブレーキで
確認しました。
JOGマスター
シルバーのマスターを黒く塗りました。

交換前にJOGのキャリパーで動作確認が
出来ているので、効かない筈はありません。

交換後はブレーキが効く様になったので
ホースをアールズに変更したら
またスカスカになりました。

こうなるとメッシュホースも替えない方が
確実なのでゴムのブレーキホースに
なりました。

分からないと思いますがスロットルも
車種不明の純正品に替わっていたりします。

この後テール周りの配線やヘッドライトの
メインスイッチやパッシングボタンの
配線を行い何とか乗れる感じになりました。
自作アルミテール台
アルミで製作したテール台です。

クラブバーもあるので、完成後に
変更するかも知れません。

配線をしていて謎のカプラーを発見しました。
謎の黄/黒線カプラー
ココには何が着くんですかね?


今はチェーンの到着を待っているので
部品が来るまで一休みです。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ