良いマフラーが欲しいです。

今日は早く起きたのでモンキーの
マフラーをどうしようか悩んでいました。

結局は、今使っているマフラーを使うんですが
一応手持ちのアップマフラーで長さや
位置なんかを確認してみました。
アップマフラー
武川と中華バギー延長マフラーです。

どちらも長さ的には同じで少し長いのが気になります。

中華のエキパイを使って南海のサイレンサーを
着けれないか検証しましたが
サイレンサーが長過ぎて納まりが悪いです。

と言う事で暫くは今のマフラーで我慢です。

ヨシムラとかオーバーのアップは短くて
ピッタリなんですが価格的に無理です。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?
スポンサーサイト

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

病院に行って来ました。

どうも、2週間前から膝が痛くて
仕事も辛いしバイクに乗るのも
違和感があります。

ハードな仕事の御陰で体が壊れそうです。

先日、整形外科でレントゲンを
撮って貰いました。

骨には異常が無いのですが半月板か
じん帯が痛んでいるようです。

MRIをやればどこが悪いか
分かるんですが今週は夜勤なので
寝る時間がありません。

2週間後までにシップで良くなっていれば
MRIはやらなくて良いそうですが
既に2週間も痛みがあるので
全然治る気がしません。

まあ本格的に悪かったら会社休んで
ノンビリします。

動けませんけどね(汗)


にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : 膝痛、腰痛、肩こりよ、さようなら!
ジャンル : ヘルス・ダイエット

雨には負けます。

昨日は頼まれて、修理して忘年会でした。

今日は午前中は子供のイベントに行って
帰りには雨が降り始めて終了です。

今週末は、自分のバイクを弄っていません。

やりたい事はイロイロあるんですが
ナカナカ進まないのが現実ですね。

明日は晴れたらロンシンの組み立てを
少し出来ます。

今回クランクの加工は時間が掛かるので
見送る予定です。

と言うかドナドナ予定なんで、これ以上
手間を掛けられません。

でも取り合えず振れの確認はしますよ。

せっかくですから、やれる事はやります。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

エンジンの修理をしてきました。

昨日、後輩のTodayの修理をしてきました。

このTodayがなぜ壊れたのか原因が
分かっていませんでした。

壊れた状況は近所の長い下りストレートを
全開にしていて次の信号手前で
スロットルオフしたとたんに
エンジンが止まって2度と
掛かりませんでした。

2週間前の修理では低負荷で回し過ぎて
ピストンとバルブが当たって圧縮が
落ちているのかと分解してみましたが
特に当たった後も無く問題は無さそうでした。

この時点で原因が掴めなくなっていたんですが
対策用にバルブスプリングを発注してあったんで
キタコの強化品に変更しました。

後はピストンとシリンダーぐらいしか
思いつく事が無かったので換えの
ボアアップキットの到着を待っていました。

そして、昨日再び分解してシリンダーは
全く問題ありません。

次にピストンを観察していて気が着きました。

ピストンリングのセカンドとオイルリングの
間にクラックがありました。

表から見ると薄い筋状にしか見えないのですが
剥がして見るとリングの底部分が10ミリ以上
クラックで繋がって圧縮漏れを起こしていました。

見た目にはガリ傷も無く壊れていない様に
見えましたが見えない部分にクラックが
進行していたようです。

見た目に騙されてはいけませんね。

シリンダーとピストンを交換して組み立てたら
圧縮が凄くてキックで掛けるのが
難しいぐらい圧縮が戻りました。

壊れたピストンは中華製だったんで
元々造りが怪しいモノかもしれません。

修理後も同じピストンですが…


にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

縦型エンジンに到達するまで…

次は主力を縦型エンジンに戻そうと
思っていますがイロイロと取り組んでいる
エンジンや修理なんかもあり縦型に
取り組めるにはマダマダ先になりそうです。


今取り組んでいる事は49ccのハイコンプ仕様
ロンシン124のPE28セッティングや
ロンシンエンジンの修理等です。

これらを、片付けて一息つけたらGAGを
APEハーネスで12V化します。
GAGだ
画像はガレージで撮影しました。

今のエンジンは素組の80エンジンなんで
点火系を軽量フライホイールに換えたり
テンショナーをローフリクション仕様の
オリジナルに変更するとかイロイロと
考えています。
縦型テンショナー
画像はノーマルシリンダー&テンショナー

気になるクランクですが縦型は
ショートストロークなんで高回転は
問題無いでしょうから腰上の改造に
集中します。

実際にCB50Sのエンジンで49ccでも
14000回転以上回せていますから
問題無いですね。

オマケの衝撃画像です。
テンショナー磨耗
このテンショナーはマニュアル通りに
調整すると、こんな磨耗状態になります。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

放置していました。(汗)

ガレージを使い始めてNSFのエンジンの
調子が悪くなりました。

最初はエンジンが掛かっていましたが
その内アイドリングもしなくなり
暑さのあまり見にも行かなくなりました。

さかのぼる事去年の今頃、電装系の
トラブルでタコメーターが壊れライトが
全て玉切れしたので点火系が悪いのか
分からない状態でした。

ガレージ撤収後GAGとモンキーは
普通に扱っていましたがエンジンの掛からない
NSFは庭で雨に打たれて放置車両状態でした。

これではマズイと言う事で復活の為に
イロイロやってみました。

まずは、点火系の確認でプラグのスパークを
確認しました。
NSFエンジン
問題なく火花が出ていました。

次にキャブを見てみる事にしました。
ダートマックスVM26
取り外して分解してみると内部は
コテコテになっていました。

ここでスローがつまっている事が分かり
荷札で掃除して使えるようになったんですが
分解する時にゴム製のガスケットが
切れて満足にシールできません。

内部は臭いが伝わって来る位凄いので
画像は自粛します。

一応出来の悪いキャブなんで2次エアーの
可能性を疑ってスペーサーを点検しました。
マルチフランジ
イロイロなキャブに対応するフランジです。
 
取り合えず始動確認と電装の確認がしたいので
PC20でエンジンを始動してみました。
NSFエンジンにPC20
見事エンジンが掛かりました。

このエンジンに対しては、不十分ですが
キャブを換えるまでの繋ぎですから
良しとしましょう。

候補はPE24でも装着してみようと
思っています。

ウインカーやテールも確認できたし
ヘッドは玉切れですが、次までに
回路変更を計画しています。

最終的に屋根の下に移動させ、他のバイクと
同様に扱っています。

何とか復活する事ができて良かったです。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : メンテナンス&ケア
ジャンル : 車・バイク

ロンシン124のミッションを修正しました。

少し考える事があります。

このブログは役に立っているのか?

興味のある人や、困っている人には
有益な情報もあるかも知れません。

稀に政治や人生観なんかは閲覧する人も
少なくて反響もあまり無いのです。

だけど、それって何かを起こそうとか
世界を変えようとか思っていません。

最初からそんな事は無理だって
分かっていますから…

まあ、このブログは、そんな個人の想いを
吐き捨てる場所でもある訳で
「また何か言ってるな~」と
読み流して下さい。

毎日70人程の方が見に来て頂いているのは
励みになります。


ロンシン124は使い込んで行くと
走っていて3速ギヤが無くなる事があります。

前にも詳しく書いた事がありますが
おさらいしましょう。

ロンシンのミッションは国産のミッションとは
ギヤの厚みやドックの形状が違います。

ギヤ自体が厚いのは良いのですがその反面
ドックの噛み合いが不十分です。

全く設計上ダメなのは3速ギヤに嵌る
2速のドックで3速ギヤの穴に嵌る長さは
約2ミリです。

詳しくは画像で判断してください。
3速ドック
カラーと言うかシムの上に出ている部分が
ギヤに嵌る部分です。

このスラストワッシャーの位置までしか
3速ギヤは来られないのです。

どう見てもギヤへの掛かりが浅いです。

しかもシャフトとケースのクリアランスが
最低でも0.5ミリ位あります。
このクリアランス分3速ギヤが逃げるだけで
掛かりが1.5ミリです。

更にドックの先端はピン角ではありません。
従って、ここから0.3ミリ位は
掛かっていない部分になります。

最終的にギヤに駆動が伝わるドックの
掛かりは1.2ミリから1.5ミリしか
無いと言う事です。

これだけ、ギヤに掛からなければ
磨耗したらギヤが抜けても仕方ありません。

ドリブンシャフトのクラッチ側で
ガタを取り3速ギヤの逃げを
最小にするのも手です。

それとシフトドラムが回る時に
重い感じがします。

原因はドラムに着いている
スプリングと鉄球です。
シフトドラムの玉とスプリング
この鉄球がフォークの穴に嵌って
ニュートラルを出すんですが
常にフォークを押し付けているので
回転が重い感じがします。

そこで、純正には無いので無くしてしまっても
良いのですが、折角着いているのでスプリングを
1.5巻き位カットして弱くしました。
シフトドラムスプリング修正後
この加工の後で仮組みしてドラムを
手で回してみると前より軽く回せて
調整も楽になりました。

私はシフトドラム自体もドックが嵌る時に
微妙にフォークがスプロケ側に逃げるので
シムを噛まして微妙に2速ギヤを
クラッチ側にオフセットしています。

オフセット量は0.2ミリです。

前は0.4ミリまでシムを入れて
問題ありませんでした。

個体差があるので全てのロンシン124に
有効ではありませんが固定されている3速に比べ
2速ギヤはドラムをオフセットすれば
ドンドン3速側に動いて条件が良くなります。

しかしオフセットし過ぎると上手く
ギヤが入らなくなったり、他のギヤと
干渉して壊れます。

それとドラムにギヤポジションの
プレートを取り付けるとドラムが
ロックして回り難くなります。

ドラムをオフセットしたら、その分
ギヤポジションのプレートとドラムの間に
シムを噛まさないといけません。

本当はドリブンシャフトのスナップリングの
溝を削って3速ギヤをスプロケ側に
追い込むと良いのですが手間が
ハンパ無いので今回は見送りです。
(ベンリーに載っているエンジンは加工済)

先日仮組みして1~4速まで確認しましたが
スムーズにシフトできて良い感じになりました。

来週は本組みで完成させます。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

少しエンジンの修理を始めました。

昨日エンジンの修理を始めました。

取り合えずクランクのフライホイール側の
ボルトが膨らんでナットが締められないので
加工しました。
クランクネジ山修理2

クランク先端のテーパー穴にプーラーの
先端が食い込んで肉の薄い部分だけが
フレア加工されています。

先端がフラットな工具では、この様な事はありません。

拡がった先端部はネジ山の底まで
膨らんでいるので、ねじ山を
ダイスで切り直すか山自体を完全に
削り取る必要があります。

今回はネジピッチに合うダイスが無かったので
ねじ山をリューターで削り取って対策しました。
クランクネジ山修理
この部分はフライホイールが
クランクに組まれている時にナットから
出ている部分で締め付けトルクには
影響が無いので削っても問題ありません。

この方法では全長も変っていませんし
今後、他の工具で脱着する場合も
普通に作業できます。

稀にシャフト先端を切断する人が居ますが
締め付けトルクが満足に出ないので
走行中に緩んでキーが破損するか
ネジ山を、ねじ切って再起不能にします。

また分解する時に工具でシャフト先端を
真っ直ぐに押せない事で、ねじ山が
潰れたりシャフトが曲がったり
再度破損するとか良い事はありません。

理想は専用のダイスで修正するのがベストです。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

ロンシン124の修理について

この前分解したロンシン124エンジンですが
キックが折れている以外に、もう一つ
問題があります。

フライホイールを外す時に先端が潰れて
拡がっています。
潰れたクランク
ナットが締まらないのでダイスで
ねじを切り直さないと使えません。

キックは中華の50用を貰ったので
124と比較してみました。
中華キックシャフト
ギヤの歯数は同じ21です。

良く見るとギヤの厚みが違います。
キックシャフト比較
ここはあえて50用を使って直そうと思います。

理由はあえて言いません。

このエンジンにはパフォーマンスアップの
弄りは行わない予定ですが余っている部品を
組み込むかも知れません。

そして、ドナドナします。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

ひょんな事からエンジン修理です。

中華エンジンのチューンはしません。

しかし、諸事情によりエンジン修理が
必要になりました。

修理するエンジンはロンシン124です。
ロンシン124
一見普通ですが必要な物がありません。

中華では定番の故障です。
キックシャフト折れ
今までキックがナメテいるとか
曲がっているとかマトモな物が
無かったのですが、これは究極です。

取り合えず分解しないと修理できないので
全バラにします。
エンジン分解
分解する手順は何時も同じです。

1 フライホイールとジェネレーターを外す

2 腰上を分解する
 カムカバーを外す
 カムスプロケットを外す
 ガイドローラーのボルトを外す
 へッドのボルトを緩めヘッドから取り外す
 シリンダーを外す

3 シフトドラムのボルトとジェネレーター側のボルトを緩めておく
 (フライホイールプーラーが必要)

4 クラッチカバーを外す

5 クラッチ周りを分解する(専用工具が必要)
 キックアームを引き抜く

6 キックのスプリングを外す。
 (スナップリングを外す工具が必要)

7 シフトドラムとアームを外す
 (ピンが無くならない様に注意)

8 ケースを割りクランクとミッションを取り外す
 (ミッションのシムとかバラバラになるので注意)

こんな具合で分解しています。
ロンシン全バラ
中華エンジンは組んでいる輩と同じで
馬鹿みたいなトルクで締められているので
手作業での分解は難しいです。

できればインパクトやショックドライバーは
持っていた方が良いと思います。

分解始めて30分位で、こんな感じになりました。
エンジン部品
このエンジンの場合はクラッチ側の
シャフトが長いのでロックナットに
市販の工具が届かない場合があります。

私はプラグレンチを削って専用の工具を
造りました。

このエンジンは中華にしては弄れるエンジンです。

カムは12Vの軸の太いカムが
ベアリング交換で組み込めるし
ハイコンプピストンも売られています。

しかし、ミッションが不良品なので
そのあたりも修正したりします。

他にも問題があるので修理に時間が掛かりそうです。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ