マニュアルテンショナーを組んでみました。

今日は休みだったので中華107エンジンを弄ってました。

この前造ったマニュアルテンショナーを組んでみました。

12Vベースのオートテンショナーではハイカムを組んでもロッカーを押し上げる時に
カムチェーンの下側が張りテンショナー側が緩みます。

逆にロッカーのスリッパー面をカム山の頂点が通過すると今度は、カムがロッカーに押されて
勝手に進む為にテンショナー側が張ります。

これにより本来の作用角でバルブが作動しません。

当然オーバーラップも変化するため本来の性能が出ません。

取りあえず組む前のケースを調べるとボルトの穴が無いので
普通のマニュアルテンショナーは無理です。
141030_1227~010001
何故か穴を開ける為の面は確保されています。

正確に調整する為にジェネレーターを外します。
141030_1238~010001
組み付けて下のキャップボルトを締めてはテンションの確認を繰り返し3回位で丁度良い感じになりました。

この時の丁度良いテンションとは緩みは最小限でテンションが張り過ぎない状態です。

手でテンショナーを押し上げた位置でキャップを締めた時にプッシュロッドが動いたら
キツ過ぎだと思います。

画像を取り忘れましたがクランクを手で回しても、カムチェーンが緩まず
テンションが変化しないのでハイカム本来の性能が発揮できます。

ただ良い事ばかりでは無いので、マメに点検が必要です。

張り過ぎるとカムチェーンが伸び易くなり、プッシュロッドの先端も痛みます。

今の寸法で造れる事が分かったので、まずは自分のエンジン用に量産します。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?
スポンサーサイト

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

tag : 旋盤工作 チューニング

新作です。

今日は新たな部品を試作しました。

中華エンジンに国産6Vヘッドを使ったり12V国産エンジンのオートテンショナーと
ベアリングの無いカムを使う場合カム軸受けがカジル事が良くあります。

キタコのウルトラとか国産のキットでもオートテンショナーとの組み合わせが存在します。

6Vヘッドは元々マニュアルテンショナーを使うエンジンなので無理なテンションが掛からず
軸受けがカジル事が少ないのです。

テンショナーは、どちらが良いかと言うと正確なバルブタイミングはマニュアルが良いです。
逆にメンテナンスフリーで面倒な調整が少ない点でオートは優れています。

そんな訳で今まで性能と耐久性に影響があるのを承知でオートテンショナーを使っていました。

中華107エンジンをオーバーホールした際に少しダメージを受けているのを発見し
折角なので12Vエンジン用のマニュアルテンショナーを製作してみました。

6Vのマニュアルテンショナーを、そのまま移植すれば使えると思っている人も多いと思います。

しかし、12Vケースや中華107ケースにはプッシュロッドを固定するボルトがありません。

従ってマニュアル化するにわケースを加工する必要があります。
141025_1618~040001
偶然ですが中華50エンジンには使える穴がありました。

昔使っていたCD50ベースの88エンジンの時はバルブタイミングがカムスプロケ半コマズレただけで
ピストンにバルブが当たっていたのでケースに穴を開けてプッシュロッドをロックしていました。

今回は面倒な加工をせずに組めるようにプッシュロッド自体を考えました。

まずは使えそうな材料を探します。
141019_1530~010001
取りあえず差し込んだらピッタリだったんで加工も楽です。

大体の寸法を掴んだらカットします。
141025_1523~010001
試作なんで適当です。

旋盤でプッシュロッドのゴムの入る穴とテンション調整用の穴を開けます。
141025_1529~010001
旋盤で加工する前にボール盤で下穴を開けます。

調整用のボルトを入れるタップを切ります。
141025_1607~010001

完成しました。
141025_1618~010001
材質も違うのでワンオフ感が強いです。

ゴムの替わりに強化プッシュロッドも装着しています。

下からボルトで調整します。
141025_1618~030001
スプリングを入れずにケース下のボルトを締めてロッドのボルトの頭との干渉をチェックしながら組みます。

このロッド側のボルトにはスプリングをセットしてあるので、走行中にボルトが締まって
テンションが弱くなる事はありません。

正確にテンションを掛けるにはジェネレーターを外してチェーンの張りを見ながら調整すると完璧だと思います。

また、メーカーにネタを、パクられちゃうかも知れません。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

tag : 旋盤工作 横型エンジン

依頼の品

日曜に知り合いからの依頼の品を製作していました。

自分の趣味の物では無いんですが、現在メーカーも無くなり部品が手に入らないので
現物も無い状態です。

依頼者の方がザックリした図面?を書いてきたのでそれを頼りに製作しました。

まずは材料を確認します。
141018_0959~010001
最適な寸法の材料があったので一安心です。

図面を頼りに造り始めましたが、普通の切削用バイトでは加工できない角度とか
図面指示がありますので自分でアレンジして何とか作製します。

完成しました。
141019_1608~010001
モデルガンのカートリッジです。

9mmオートマチック用のダミーカートリッジで、火薬を入れれば発火出来ると思います。

専用治具が無いので、同じ寸法に造るのが大変です。

一つずつ測りながら寸法を合わせ製作するので完全一品物で6個造りました。

コスト考えたら全く合いませんね。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

tag : 旋盤工作

ヘッドを見つけました。

忘れている事ってあるもんですね。

少し前にモンCub耐用パーツ探したら倉庫の中からヘッドを発見しました。

たしか、記憶ではエコパのフリマでクランクとセットで買って使い道が無かった
純正12Vヘッドです。
140928_1521~010001
何故だかガスケットがキャブ側の物が着いています。

間違って組んだにしては、位置が違いすぎるんで超初心者がミスったんでしょうか?

燃焼室も未加工です。
140928_1521~030001
燃焼室回りにスラッジが広い範囲で着いているのでライトボアップで使っていたようです。

未加工ノーマルヘッドなんで、当然ポートも狭いので排気側も穴が小さいです。
140928_1521~020001
これを加工してハイカムを組み合わせようと思います。

12Vヘッドのポートは入り口が狭く中で拡がり急に曲がっています。

理由は想像でしかありませんが、燃費向上の為にバルブ手前で流速を落とし
ヘッドの熱で気化させているのか、それとも吹き返しの脈動を計算してポート内に
混合気を溜め込む為のチャンバー効果を持たせているのかも知れません。

燃費優先のポートの形状を最適化しながら拡大と研磨を行います。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

エンジン完成しました。

やっと中華107エンジンが完成しました。

まあ見た目は変りませんね。
141012_1651~010001
中身はかなり変ってますけど・・・

今回ついでにポートも少し削り直しました。

本当はもっと削りたかったんですが台風が近かったので急いで組んじゃいました。

クランクを軽量バランス取りしハイカムを更に高回転志向の物に変更したので
前よりも吹き上がりが良くなっている筈です。

クラッチは軽量バランス取りした1枚クラッチにジェネレーターはJazzの物なんで
左右のバランスも良くなっていると思います。

ピストンの潤滑やオリフィスの拡大で潤滑の改善もしたので
耐久性も少しは向上したんじゃないかと思います。

今のところ載せる予定は無いんですが、ベンリーに載せている中華2次側エンジンの
振動が酷いので載せ換えてオーバーホールするのも良いですね。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

ヘッド加工しました。

昨日から今日にかけてヘッドを加工しました。

このヘッドは6V50ccのヘッドですが中華107エンジンの標準バルブと同じサイズなんで
ハイコンプ仕様のヘッドとして重宝します。
141011_1310~020001
燃焼室はオイル上がりのスラッジで凄い事になってます。

使うカムがSTDなハイカムなら未加工で行けるんですが
武川のレーシングBレプリカのカムではオーバーラップ時にバルブが当たります。
141011_1503~010001
とりあえずベアリングをヘッドに圧入しました。

もう後戻りできません。

通常はシート面が浅いのでバルブの傘の下側が燃焼室に飛び出しています。
141011_1310~030001
燃焼室面ギリギリにシート面があるのでバルブ同士が近いです。

このままでは絶対に組めません。

排気側のシートカットをしました。
141011_1413~010001
バルブが燃焼室より沈んでいるのが分かります。

なぜ排気側なのか理由がありますが面倒なんで省略します。

カムを組んでオーバーラップ時のバルブの干渉をチェックします。

最悪条件を想定してタペットクリアランス0でオーバーラップを再現しました。
141011_1438~010001
3mm近くリフトしていますがバルブ同士が当たる事も無くカムが回ります。

ここから更にタペットクリアランスを取るとバルブ同士が遠くなるので万全です。

あとは燃焼室を掃除して組むだけです。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

クラッチを換えてみました。

中華107エンジンの腰下がまだ中途半端な状態でした。

クラッチの選択で悩んでいました。

元々着いている1次側2枚クラッチは滑らないと思うんですが、重さがアッシーで1kg以上とレスポンスに劣ります。

1枚クラッチならクラッチとフリクションディスクの重量やハウジング大きさも違うので軽量です。

何よりも、いい加減な造りの中華2枚クラッチに比べ国産の方が信頼できます。

しかし、問題もあります。

パワーが上がるとスプリングを強化しても滑る事があります。

前に88でも高回転型エンジンにすると滑る場合があるのでダメなら更に強化も考えます。

早矢仕のウェブカタログを見ると1枚でも滑らないみたいなんで早矢仕なら良い気がします。

今回のオーバーホールを機にクラッチを軽量な1枚に変更しました。

エンジンの特性的に排気量100オーバーならギヤ比が離れても中回転域のトルクで
カバーできると考えています。

中華のミッションは基本12Vと同じギヤ比な事も6Vと違い乗り易いので気にならないと思います。

そんな訳で先日クラッチを組み付けました。

ドリブンギヤは軽量タイプが余っていたのでレスポンスアップの為に使ってみました。
141004_1446~020001
モンキーRと同じで、薄いのでかなり軽くなります。

クラッチは前に加工して使っていなかった物です。
141004_1446~010001
一体型ドライブギヤが1枚クラッチの証!

80g軽量のウスウスクラッチ仕様!
141004_1517~010001
ダンパースプリングはありません。

その分ハウジングがカジらないように加工もしてあります。

クラッチ周りが国産になりました(笑)

最後にクラッチカバーを組み付けて終了です。
141004_1538~010001
見た目は変りません。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ