エンジンを分解しまいた。

本日もんCub耐用のエンジンを分解しました。

いつのも分解風景です。

しかし今回違うのは、完全なカブ専用エンジンを分解したのは
久しぶりです。

まずは点火系やシフトドラムのボルトなんかを外します。
150131_1327~01
ついでにジェネレーターを外します。
150131_1335~01
この後腰上から順番に分解します。

ピストンはイン側がカジっていました。
150131_1344~01
12Vのピストンはカジッている事が多いです。

次にクラッチ回りの分解ですが、なかなか
クラッチのボルトが外れず苦労しまいた。
150131_1350~01
ここさえ外れれば後は簡単です。

パカッと割れます。
150131_1451~01
1時間で何とか分解できました。

明日はガスケット取ったり部品の洗浄したりする予定です。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?
スポンサーサイト

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

カブ3速ミッションの4速化準備

もんカブ耐用のエンジンを分解しようと
まずはオイルを抜く事にしました。
150125_1043~01
150125_1043~02
12Vの3速遠心エンジンです。

クラッチは強化可能ですがタイプを変えれない為
レースでは遠心のまま使います。

オイルが抜ける間に部品の加工をします。

何を加工するかと言うとミッションを4速化するにあたり
以前6Vミッションと融合に失敗した中華4速クロスを
スプロケのオフセットを合わせる為にシャフトの加工をします。
150125_1105~01
パッと見何が違うのか良く分かりませんが比較すると全然違います。

6V用のシャフトを見ると全然違います。
150125_1117~01
スプロケの入る溝が短い為に10mm以上オフセット違います。

6Vミッションの画像ですがスプロケの入る位置がシャフトの端から21mm位です。

前回はニードルベアリングのケースに組む為に6Vミッションをベースに
ギヤを組換える予定でした。

加工するミッションはボールベアリング用なんでスプロケのオフセットを何とかすれば使えそうです。

まずはザックリと砥石で溝を掘ります。
150125_1119~01
鼻の中が真っ黒になります(汗)

その後ダイヤモンドのカッターで溝を整形します。
150125_1214~02
途中スプロケを嵌めて当たりを確認しながらスムーズに入るように干渉部を削ります。

次にフィキシングプレート溝を掘るために位置を確認します。

キズを着けてあるところを一周削ります。
150125_1215~01
溝を入れ終わってスプロケを取り付けたところです。

元のミッションのオフセットが良く分かります。
150125_1514~01
これだけ違うと普通には走れないと思います。

試しに6Vミッションと並べてみましたが良い感じになりました。
150125_1219~01
エンジンをバラしてみないと使えるか分かりませんが組めれば
かなりの戦闘力アップです。

結局は疲れてエンジンを分解できませんでした。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : レース 横型エンジン 4速化

バイパスバルブ試作しました。

日曜にバイパスバルブの試作をしてみました。

ボディは他の部品を造る為に切断した端材です。

丁度良い穴が2つ開いていたので、そこを利用して加工してみました。
150119_2046~01
上の穴が負圧側で下が加給側です。

中にはアルミのバルブとスプリングが入っています。
150119_2047~01
手前のボルトは加工した穴の埋栓代わりです。

穴が斜めにバルブの横まで貫通していて加給が上がり

負圧が生じるとバルブが上がり、この穴から圧力が負圧側にバイパスします。

こんな物が入っています。
150119_2054~01
上の太いボルトでバイパス圧の調整と埋栓の役割を持たせています。

実際に着けれるかどうか検討に入ります。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : 旋盤工作

ただ取り付けるだけでも無理がある

先週ブースト計を取り着けました。

ただスンナリ着くとは限りません。

ブースト計の取り付けの配管が4mmほどなのに
スーパーチャージャー側は6mmなんでどちらに合わせても着きません。

そこで、接続用の変換パイプを造りました。
150117_1644~02
これが無いとブースと計が有っても加給圧を拾えません。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : 旋盤工作

少しずつ進化中

今日は天気が良かったんですが夜勤明けなんで
3時過ぎから少しだけ部品を造りました。
150117_1515~03
ベルトの脱落防止のプレートです。
上下のギヤに追加しました。

これで、走行中外れる事はないと思います。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : 旋盤工作

スパチャによるキャブ不具合対策

スパチャの問題点で加給が止まらない問題ですが
キャブにも問題があります。

使っているのはミクニのTM24なんですがフリマで単品購入したので
予想では2スト用です。

2スト用なのでか分かりませんが、スロットルのスプリングが異常に弱いです。

スプリングが弱いのでスパチャの負圧に引っ張られてスロットルが開いていると思います。

そこで、スプリングを強化するカラーを樹脂で製作しました。
150111_1515~01
これで若干ですが、回転落ちが早くなりました。

あとはバイパスバルブで負圧をコントロールできれば自然な乗り味になると思います。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : 旋盤工作

加給圧

本日ベンリーにブースト計を取り付けました。

前にGAGで使っていた物ですが使っていない間に
針の位置がズレて本来走行していない時は0の位置のはずが
-0.4位のところにあります。
150117_1515~01
取り合えずキャブセッティングは、そのまま走ってみました。

ずばり、現時点で最大ブースト0.4位です。

スロットルに同調してブースト計の針が跳ね上がります。

普通のエンジンは吸気時のロスで加給圧がマイナスなんで
124ccでブースト0.4だと単純に考えて
160cc位のトルクになっているんじゃないかと思う。

それと、カムのマッチングも今はBREカムなんで
ノーマルカムに変更すれば更にブーストアップで
トルクも上がるんじゃないかと思います。

まあ現時点でもコントロール不能なんで
これ以上げる気はありません。

それと早くテンショナーを何とかしないと安定しません。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : キャブセッティング

スパチャの問題点と対策案

スパチャの試乗後に問題点を克服する為に考えました。

一番の問題は加給の制御です。

加給が効き過ぎて、スロットルオフでもスピードが落ちない現象を感じました。

スパチャの加給が続いてスロットルオフしてもキャブが開いてしまって
コントロールできない事とセッティングです。

そこで、キャブが閉じていても加給が上がらないように
最初はタービン直後でブローオフで加給を抜いてしまおうと思っていました。
遠心式チャージャー2
しかし、それでは混合気を大気開放する事になり燃費にもキツイです。

そこで、GAG弄りの変態師匠から良いアイデアを頂きました。

加給を空振りさせるイメージで吸気側と圧縮側をバイパスで繋いで
加給圧を強制的に下げるバイパスバルブです。
遠心式チャージャー
加給圧を吸気側に逃がします。

昔GAGの時にエアーシリンダーを使って似た様な物を造ったんで
造るのは簡単です。

このサイズに合う物が無いので手造りします。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : キャブセッティング

スパ茶シェイクダウンしました。

今日はスパ茶の細かい修正とか加工をしていました。

先ずはスパ茶のハウジングに購入時からの無駄な穴が4箇所あるので
ボルトを切って埋めたりハウジングの一部がベンリーのフレームに
干渉していたので弓鋸で切断して取り付けもバッチリです。


次にマニホールドを取り付けるんですが、マニホールド側の穴を
長穴にするとポートが合うんですがそうするとマニホールドが
NAで使う時にキャブの芯がズレるんでスパ茶側の取り付け穴を
外側に広げてマニホールドを取り付けました。


ギヤのベルトが外れないようにギヤの位置を調整して車体が直立なら
キックしても外れない位置を出しました。


問題のテンショナーですがジェネカバーの加工も終わっていないので
本体側ギヤのサポートの穴を使ってベアリングを取り付けて暫定処置です。
(テンションは掛かっていませんがギヤにベルトを巻き付けるだけです)


そして、キャブの取り付けと選択なんですが、昔GAGでターボを着けていた時の
インシュレーターが残っていたので、ボルトオンで取り付けでみました。


問題のキャブですがインシュレーターに合うキャブがナカナカありません。


大き過ぎて、全く入らないPE28やVM26とかPWKとわ逆にVM22やTM24は緩くて
クランプが不安な感じです。(すぐ外れます)


とりあえず緩いんですがバンドを変えたりしてキャブの根元の太い部分で
クランプしました。
150105_1517~01
このTM24は買ってから使った事が無いので、セッティングも全く分かりません。


しかし、ここまで出来るとエンジンを掛けたくなります。


ブースト計を着けてセッティングできるように探しましたが
倉庫の中がエンジンやカウルで凄い事になっていて見つかりません。


そんな訳で、やる事が無くなったんで試しにエンジンを掛けて見ました。


すんなりエンジンが掛かりました。


すんなり掛かったんですがスロットルワイヤーを繋いでいなかったんで
取り付けて試乗する事にしました。


試しに近所を走ってみました。


手加減して走ったんですがセッティングがダメで開け始めは
濃過ぎる感じですが回り始めると加給が掛かっているせいか
トルクが凄くて勝手に加速していきます(汗)


2速や3速でスロットルオフしても加速が続きます。(汗)


6000回転ぐらいは回しましたが、それ以上回したら
止まれる自信が無いので回しませんでした。


最後は普通に止まったんですが後で見たらベルトが外れて
スパ茶が回っていませんでした。


とりあえず、テスト走行できそうな感じなんで、少しずつ熟成してみます。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : 旋盤工作 キャブセッティング ベンリー

遠心式スパ茶大体形になってきた

今日も天気が良かったので作業場に篭って
スパ茶駆動用のプレートを造っていました。

アルミプレートを弓鋸で切断しセンターをポンチでマークし
ボール盤で穴を開け、そこにギヤを取り付けます。

当然切っただけのアルミ板は四角いので
旋盤で外周を丸く切削し形を整えます。

そしてフライホイールに取り付けるための
位置決めやクランクの先端の干渉が無いように
ギヤ取り付けボルトの回りを深く削り込みます。

最後にフライホイールに取り付けるための穴を開け
開けた穴を使ってフライホイールにも穴を開けます。

そして完成したのが、このプレートです。
150104_1354~01
まだ、仮組みなんでギヤの位置が合っていません。

全体的には何とか形になっただけなんで
これから少しずつセッティングして行く感じですね。
150104_1354~02
まだテンショナーが無いのでタイミングベルトが滑ります。

明日時間があったらテンショナーを製作してみます。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : 旋盤工作

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ