41加工カム№4を造りました。

最近41カムを加工して遊んでいます。

何故かと言うとYオクで売れないのに
5個も持っていました。

無理して売る必要も無いですが
使わない部品が溜まってしまうので
定期的にオークションに出しています。

捨ててしまう事が、できない性格なので
面倒でも再利用してもらえるように
安く出していたのですが純正41は
全く売れないんですよね~

6Vヘッドを買うと必ず着いてくる
41カムを再利用&お遊びで
楽しもうと言う訳です。

今考えている事の検証を兼ねてますが
偉大なPOPの世界を少し体感できたら
嬉しいのです。

カムとは違う話ですがPOPはヘッドの面を
ヤスリで仕上げてガスケット無しでも
吹き抜けなかったと聞いた事があります。

狙いは圧縮アップと熱伝導率の向上ですかね?

究極のエアーガスケットですね?
それだけ情熱を掛けてエンジンを
加工していたと言う伝説ですが
今の世の中にそんな情熱のある人が
どれ程いるのか考えさせられますね。

この前№2を黄猿さんに差し上げたんですが
その時のデータで、あまりオーバーラップの
変化が分からなかったので、今回は
ベース円を0.4ミリ弱削りました。
111116_1839~01
右が№4で、左の軽量化済は№3です。

今日は旋盤を出せないので今は
普通の41の姿ですが次に
旋盤を出した時にスペシャルな
外観に生まれ変わります。

ベース円が0.4小さいと言う事は
リフト量が0.4増えると言う事です。

更に今回は開き始めは急に開くように
メリハリのあるカム山にしました。
111116_1840~01 111116_1839~02
リフト量の違いが分かる画像です。
右の№4はベース円から急激に
リフトさせています。

閉じるタイミングは控え目に
滑らかに閉じる感じです。

オイル穴の比較です。
111116_1841~02 111116_1841~01
ベース円が小さくなったので
オイル潤滑の穴の面取りが
小さくなりました。

この穴では潤滑に悪影響ですが
ベース円の面を樽型に研磨して
接触面を減らしています。

効果は分かりませんが穴から出たオイルが
外側に拡散されやすくなると考えます。

効果はSS50エンジンか中華107の
どちらかで試します。



最近大きい画像を貼り付けています。
見た瞬間に分かり易いんじゃないかと
思ったんですがどうでしょう?










探していたBカムレプリカカムの
組んだヘッドを発見しました。

これを、どのエンジンに積むかで
悩みます。

SS50には組めそうにありません。

取りあえず緑竜107エンジンに
組めますが…
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

おはよう御座います。
> 本田宗一郎、ポップ吉村は技術系ヘンタイとしては憧れですよね…
> 何回も伝記を読みました。

この偉大な二人が居なかったら今の日本のバイクメーカーは
この世に残って無かったんじゃないですかね。

共通するのは、チャレンジ魂が凄いところがですね。
本田宗一郎は外に向かって、戦う精神が凄いですし
POPはある意味自分のアイデアの具現化の為に自分と
戦っていたんじゃないかと思います。

もちろんメーカーにプライベーターが挑むという普通に考えたら
無謀な挑戦もその延長線上にある気がします。

> 省力化、効率化が進んだ結果、ポン付けを良しとする風潮がはびこっています。
> しかし、社外メーカーは具無しのインスタントラーメンを提供している訳で、ちょっと一工夫するだけ、ちょっと調整に気を使うだけで全く別物に化けるんですよね~

具無しで満足できる人とそうでない人では大きな差がありますね。
中華の107エンジンでヘッド交換からポート拡大までで15キロ最高速に
差が出ました。
単にヘッドとカムを換えて速くなったと悦んでいても本当のポテンシャルを
知らないと宝の持ち腐れで本当の速さを知らずに終ってしまいます。
勿体無いですよね。

> >ベース円の面を樽型に研磨
>
> オイル溜まりを増やすにはよさげですね。
> タペットクリアランス調整時に気を使う必要があるかなと思いますがいかがでしょう?

軸の場合は真っ直ぐが良いと思いますがベース円は過重が掛からない(?)と思うので
磨耗等は心配無いと思います。(予想ですが)
タペットクリアランスは多少スラスト方向のガタで当たり面が変わるので多少の変化は
ありそうですね。

オイルの潤滑が気になったので旋盤で新たな部品を造りました。
6Vヘッドに本来あった物ですが同じ役目をする小物です。
ノーマルで乗っている人は着いているので必要無い物です。

おはようございます。

>偉大なPOPの世界を少し体感できたら
>嬉しいのです。

本田宗一郎、ポップ吉村は技術系ヘンタイとしては憧れですよね…
何回も伝記を読みました。

>それだけ情熱を掛けてエンジンを
>加工していたと言う伝説ですが
>今の世の中にそんな情熱のある人が
>どれ程いるのか考えさせられますね。

省力化、効率化が進んだ結果、ポン付けを良しとする風潮がはびこっています。
しかし、社外メーカーは具無しのインスタントラーメンを提供している訳で、ちょっと一工夫するだけ、ちょっと調整に気を使うだけで全く別物に化けるんですよね~

>ベース円の面を樽型に研磨

オイル溜まりを増やすにはよさげですね。
タペットクリアランス調整時に気を使う必要があるかなと思いますがいかがでしょう?
FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ