部品観察から分った事をフィードバック

昨年はこんなヘンタイサイトを
見に来ていただいてありがとう御座います。
今年もボチボチと自己満足を
極めたいと思います。

「自己満足」他人が絡むと悪い言葉ですが、
個人的な表現としては良い言葉に捉えています。

なんと言っても自分が出来る事を最大限やって、
満足するわけですからこれ程満たされる事はありません。
他人との比較に使われますが、誰にも迷惑にならない
趣味の世界で比較する事もおかしいですし
考え方や満足度も違いますから
「自己満足」で良いんです。



昨年部品交換会で購入した2枚クラッチの
構造が気になったので分解して調べてみました。
111226_1523~01
ダンパー代わりのスプリングがありません。
総削り出しでツルッとした感じで
これ造ったら滅茶苦茶高いですよ。(汗)
数万円以上の2桁行きそうな気がします。

部品の製作に携わった人なら
分ると思いますが物を造るには
図面が必要です。

図面を引くには正確な測定器が必要です。
更には、この部品で行くと加工機が
旋盤・フライス盤・溝きりの機械が
最低限必要です。

もしかするとマシニングセンターで
プログラミングして造っている
可能性があります。(マシニングの事は調べて下さい)
スプリングの台座は多分そうです。

設備購入金額の原価償却費、固定資産税や
人件費・プログラミング・材料費の
金額を入れると2桁万円になってそうです。

脱線していますが部品加工は
完成した物の姿(造り)でコストを
計算すると、とんでもなく
高額になる物があります。

ワンオフ物は大量生産に比べ
そのコスト全てが部品価格に
反映されるので高くなります。
考えると怖い世界ですね。(汗)

裏側を見るとここにも、アイデアが
隠されていました。
111226_1523~02
鉄のディスクを貼り付けて直接アルミに
クラッチディスクが磨らないようにできています。

1枚ディスクの純正が430gなので
同形状でも本来重量は約1/3になりますが
この形状だと更に軽く出来ますので重量が
気になります。(重量計が手元に無いので)

それ以外の部品は普通でした。
111226_1524~01
このスプリングかなり強化されていました。
111226_1525~01
ディスク以外もFCCで造っているんですね。
初めて知りました。

昨年末に天気が良かったので
純正クラッチの加工を開始しました。
同形状までは行きませんが削りで
抜ける部分は限界まで削る事にします。

まあこれも自己満ですがね(笑)

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ