純正が信用できないので造ってみました

昨年ですが70ヘッドのバルブガイドを
ホンダで購入しました。

打ち込もうと思ったんですが
最初からバルブが入りませんでした。

仕方なく5.5mmのドリルで拡大して
バルブを組める様になったのですが
今度は打ち込む時にアッサリと
割れて使い物になりませんでした。

それから急激にヤル気が無くなって
放置していたのですが久しぶりに
気合を入れて修理してみました。

信用できない純正ガイドでは
修理できないので替わりに
ガイドの製作が必要です。

そこで今回は旋盤で造ってみました。
120207_1232~01
どうせ純正買っても加工しないと
着かないのなら手造りでも同じです。

バルブも普通に入りました。
120207_1235~01
これをヘッドに打ち込んで完成です。

スプリングシートレスでバルブの
首振りを抑えるのとシート面を
厚くする事で強化する事ができます。

効果は実際に走って見ないと分りません。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: こんばんは

> ステムが入らなかったのはリーマーでさらうことを想定して穴が小さめだったのかもしれませんが、打ち込みで割れてはダメですねぇ…

加工が必要な部品は本来ヘッドアッシーで組み込まれているべきだと思います。
脆くて断面は炭素鋼の破断面に見えましたよ。
多分鋳物を切削しているんだと思いますね。

> 部品番号は同じでもコストダウンで品質低下してたりするんでしょうか?
> しかし旋盤の可能性は無限ですね!

最近のホンダは材質や造りに疑問を感じますね。
小排気量は全て海外生産に移すと言う事なので将来モンキーや
エイプも無くなるのだと思います。
金儲け主義の海外シフトが続くと結局みんな中華エンジンに
なってしまうのかも知れません。

旋盤は本当に役に立ちますね。
ワンオフし放題です。

ステムが入らなかったのはリーマーでさらうことを想定して穴が小さめだったのかもしれませんが、打ち込みで割れてはダメですねぇ…
部品番号は同じでもコストダウンで品質低下してたりするんでしょうか?
しかし旋盤の可能性は無限ですね!
FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ