シリンダーオイルジェット加工をしました

49ccは特別なので久しぶりに
シリンダーのオイルジェット加工をしました。

この加工は88エンジンに乗っている時に
山を走っていて思いつきました。

山の登りは普通なんですが下りは
エンジン音とかスムーズさが違います。

違いはシリンダー内のオイル潤滑以外に
ありません。

シリンダーの前傾角を越える下りでは
シリンダーに入ったオイが落ちなくなるので
潤滑に充分なオイルが保持される事と
シリンダーの熱をオイルが吸収するので
クリアランスも安定するのです。

この加工を数年前に、このブログで
公表した後に突然武川で、この加工をした
シリンダーが現れました。
確か半年位後だと思います。

皆さんは、この事実どう思われますか?

武川のオイルジェットの加工は
ケース側を加工する事を推奨していた
筈ですがなんで突然この加工に
行き着いたのか不透明な感じを受けます。

個人的に言えばケース側のオイルジェットは
いくら噴射しても全量シリンダーに届きません。

クランクに邪魔されてシリンダーに届かないのです。

しかも遠いので回転数によって
噴射している量も変化するので低回転では
本当にシリンダーに届いているのか
怪しい物です。

そんな事も理由で個人的にシリンダーの
潤滑方法を考案したのですが大手の
メーカーは今まで自分達がしてきた事を
自分で否定するような事をするんで
面白いですね。

ベースの49ccシリンダーです。
120227_1048~01
面研で圧縮アップしてあります。

シリンダー側です。
120227_1042~01
ノウハウは公開しません。
アルミシリンダーは簡単です。

鉄なので穴開けは大変です。
120227_1041~01
太いドリルで開けてから細いドリルで
貫通させます。

太いドリルで開けた穴には銅で
流量調整の絞りを入れます。

これで全量シリンダーにオイルを
噴射できます。

当然ですがオイルポンプの強化と
ケースのオリフィスは拡大は絶対です。

効率が良いので極端な強化ポンプは
必要ありません。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プライドは無いですね(笑)

黄猿さん こんにちは。

> なるほど、これは理にかなっていますね!
> ピストンのスカートに穴を開けたチューナーも見たことがありますが、結局飛沫のかき落としを利用することになります。
> この方が効果が大きそうですね!

フリクションが減って伸びる感じがしますよ。
滑らかと言うか、感覚的なものなので表現は難しいです。
シリンダーに穴を開けたのは、誰も考えつかなかったからですが
2ストのシリンダーやロータリーのエンジンには穴が開いているので
場所を間違えなければやれると確信して穴を開けたんですよ。

> 何かと先駆者は苦労されますね。
> プライベーターが参考にするならともかく、
> 大メーカーがそんなことでは・・・

大メーカーなんで、情熱やプライドより儲けにはしるのでしょうね。
良い物を造っていると思います。
でも、モラルが欠けていると信用されません。

> それでメシを食ってる自覚とプライドは持っていただきたいものですが、
> 結局儲けのためだけにやってて好きでも何でも無いってことなんでしょうかね。

多分規模が小さいところ程、プライドや情熱を持ってやっていると思います。
究極は早矢仕ですね。

伝説ができる程の拘りには、脱帽ですね。

なるほど、これは理にかなっていますね!
ピストンのスカートに穴を開けたチューナーも見たことがありますが、結局飛沫のかき落としを利用することになります。
この方が効果が大きそうですね!

何かと先駆者は苦労されますね。
プライベーターが参考にするならともかく、
大メーカーがそんなことでは・・・

それでメシを食ってる自覚とプライドは持っていただきたいものですが、
結局儲けのためだけにやってて好きでも何でも無いってことなんでしょうかね。
FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ