FC2ブログ

腰上仮組みしてみました。

49ccエンジンの腰上を仮組みしてみました。

何故仮組みが必要かと言うと
シリンダーの面研でピストントップが
シリンダーから飛び出す為ヘッドとの
干渉を事前にチェックする為です。
120329_0754~01
見た目が汚いです。

今回は標準的なガスケットで具合を見て
可能なら更に薄いガスケットに変更したり
ピストンを加工したりする必要があるのか
分かります。

シリンダーの面研量は0.6ミリ程ですが
容積の変化も0.6cc強です。

ヘッドとベースガスケットの組み合わせでは
更に高圧縮化できますがカムの選択等で
制約が出ます。

余談ですがSS50エンジンに
Rクランクで12Vヘッドを
組んだ時に武川のスポーツカムを
使用していました。

純正のメタルガスケットを分解し
3枚から1枚にしてみたらピストンと
バルブが干渉しました。

これは12Vヘッドは6Vよりも
燃焼室が浅いので上死点の時に
バルブとピストンが近いので
干渉する場合があります。

この時は暫定仕様の予定だったので
ピストン加工も無しで、メタルよりも
厚い紙ガスケットで組んだのでパワーも
今一つでした。

今回はギリギリを狙って面研してあるので
紙ガスケットでも圧縮は10を
少し超える位になるのではないかと
思います。

欲を言えば11以上に上げたいですが
ピストンの中心が凹んでいるので
思ったほど上げる事が出来ません。

面研量を増やしてピストンを削れば
マダマダ上げれますが検討課題ですね。

カムチェーンテンションナー周りは
自作パーツをフル投入してあります。
120329_0755~01
説明はクドイので省略…


にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト



theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

comment

Secret

リンク
月別アーカイブ