軽量加工クラッチが軽いったって実際どうなの?

49ccエンジンにクラッチを軽量加工して
組んでいますが「実際どうなの?」って
思うので計ってみました。

まずは2枚クラッチのユニット
120407_1644~02
ギヤ込みで1214g

1枚クラッチも同じ条件で測定しました。
少し軽量にしてあります。
120407_1646~01
1044gと一気に軽くなります。

最後に浜名湖で前に購入したアルミ製の
2枚クラッチです。
120407_1644~01
967gです。

流石にアルミ削り出しが最強ですね。

今回組んだクラッチは上記の1枚クラッチから
大幅に軽量化したので1kgを切っていると
思います。

計ってから組んだら良かったですね。

ちなみにギヤの違いも確かめて見ました。
120407_1647~02  120407_1647~01
この部品の違いだけで45gも違います。


まだ部品で4台分あるので、加工して
測定してみても良いですね。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ