スーパーカブフルモデルチェンジの意味するもの

5月17日にスーパーカブがフルモデルチェンジしました。

フルモデルチェンジの内容には足回りのテレスコ化や
角目ライト(110と共通仕様)もありますが
何よりも一番の変化はエンジンです。

遂に海外産エンジンになりケースも旧FIとは違い
完全に110と共通のアジアの臭いのする物です。

今のところ売れ筋の車種だけですがリトルカブや
プレスカブも新型の110PROをベースに
14インチのコンパクトモデルや新聞配達に
特化したモデルも造られて行くと思われます。

既に郵政用のMD110と言うのもあるようです。

前にも書いたと思いますがホンダは
原付の国内生産を打ち切り海外生産の
モデルに順次切り替えを進めて行くと
思われます。(情報源はホンダの販売店です)

その中で今回のエンジンがモンキーのサイズに
収まらないとなれば生産中止となる可能性もあります。

すぐにでは無いですが、APEも近い将来
無くなると思われるので持っている人は
大切にして下さい。

新型カブ110のエンジンを見た事が無いので
良いか悪いか判断は出来ませんが
WAVE系であれば中華エンジンのパーツが
使えるのかも知れません。


でも何だか寂しい気がします。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

> ついにそこまで…の感があります。
> 技術の空洞化に歯止めがかからないですね。

日本の産業構造自他が輸出中心で成長してきたツケですね。

日本で物を造り続けるという事は某メモリーメーカー見たいに
破綻する運命かもしれません。

> 今回もオーストラリア人のエンジニアと仕事したのですが、彼も現在中国で長期の仕事をしています。

世界の資源と知が中国に向かっていますね。
ロクなモラルも人間性も無い人民や国家に飴と武器を与えている気がします。

> 彼いわく、中国の現場では掃除は要らない。
> みんな作業者が持ち帰ってしまうから(笑)
> また、現場に図面でも置き忘れるなら数ヶ月で同じものがどこからともなく流通し始める(笑)
>
> いろいろ感じるものがありますね…

被害にあった会社が最近もありましたね。
信用してはいけない国と人民だと思います。

その昔、本田宗一郎が「韓国に関わるな」と言ったそうですが
今生きていたらあの国に関わるなと言うと思います。

新型カブは110からのデチューンなので耐久性は
あるのかも知れませんが、どうも欲しくありません。

ついにそこまで…の感があります。
技術の空洞化に歯止めがかからないですね。

今回もオーストラリア人のエンジニアと仕事したのですが、彼も現在中国で長期の仕事をしています。

彼いわく、中国の現場では掃除は要らない。
みんな作業者が持ち帰ってしまうから(笑)
また、現場に図面でも置き忘れるなら数ヶ月で同じものがどこからともなく流通し始める(笑)

いろいろ感じるものがありますね…
FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ