FC2ブログ

Today AF61のチューニング

トゥディを弄って早数ヶ月経ちます。

自分のバイクではありませんが頼まれると
何とかしてやろうと頑張っています。

今までのチューニングの経緯を書いてみます。

ノーマルは最高速52キロからスタートです。

1 キャブセッティング変更
ズーマーのニードルに変更しMJ#83に変更
最高速55キロ

2 エアクリ加工&プーリーボス加工
どちらかと言うと加速が良くなる
最高速55キロ

3 76ccボアアップメインジェット#90
最高速58キロ

あれれの感じです。
4 純正プーリー加工ハイプリ
最高速60キロ

5 マフラー変更+社外ハイプリ変更
最高速63キロ

???謎が深まっています。

6 純正CVキャブ加工Φ13⇒Φ15相当に拡大
メインジェット#85マフラーバッフル取り外し
最高速65キロ

ここまでジワジワと最高速を上げて来たんですが
これまでの経緯を見てみると改造の方向性が
違っていたようです。

どうも改造した結果としてのノビ代が少ないんです。

イロイロと情報を集めたら、どうも点火で
回転リミッターが効いているようです。

しかしトゥディというバイクはホンダ製でありながら
純粋な中華バイクです。

電気回路を調べたら他のスクーターとは
CDIの互換性も無いばかりがCDIの機能も
燃料インジケーターやスピード警告燈の
回路なんかが付随しており安易に外す事も出来ません。

なぜこんな面倒な物にしたのか考えてみると
他のDioとかと安いトゥディの性能差が無いと
Dioが売れなくなる。
販売戦略上の小細工ではないかと思います。

点火系は暫く解析に時間が掛かるので
取り合えず御前崎の部品交換会で購入した
台湾製のビッグキャブに変更しました。
120520_1044~02
通常のキャブは鉄キャップですが
このキャブはプラスチックの黒です。

取り付けはポン付けだったんですが
キャブとケースが干渉して角度が変わり
エアクリの取り付けに苦労しました。

侮れないのは加速ポンプが着いているので
急に開けるとウイリーします。

気になる最高速は67キロ位です。

このキャブ2000円で買った割りに
良い仕事をしています。

本来キタコや武川で販売しているトゥディ用の
キャブは加速ポンプがありません。

しかも、20000円位します(汗)

この速度が純正CDIの限界のようです。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト



theme : バイク用品
genre : 車・バイク

comment

Secret

リンク
月別アーカイブ