中華107エンジンの芯だし

今日は中華107横型エンジンのクランク芯だしをしました。

芯だし専用治具で振れを確認します。
140919_0837~010001
画像で分かるようにウエイトの肉抜きされている部分が軽いので
一番上に来ます。

振れは左のクラッチ側6/100で右ジェネレーター側が4/100です。

どちらも規定値を超えているので修正を行います。

振れの大きい場所が左右とも大端ピン側なので
クランクが開いている事になります。

バイスでウエイト側を挟んで修正しました。

少しずつ力を加え、測定を繰り返し修正具合を確認しながら
徐々に規定値に入るまで繰り返します。

結果左側3/100で右側1/100になりました。

左側はクランクに対してピンが斜めに圧入されているらしく
修正の結果が良くありません。
140919_0838~010001
コンロッドのクリアランスも狭いのでバイスで挟んでも
コンロッドが突っ張って変化が少ないです。

試しにハンマーで振れの大きい側のウエイトを叩いて
片側だけ修正してみましたが、全く動かなかったので
これが限界のようです。

ハズレクランクですね。

しかし一応規定値に入ったので、再使用する事にしました。

現状でも無修正のクランクと大差無いレベルなので
チューニングとしてはダメですが元の状態が悪いので
マシになったと思います。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?
スポンサーサイト

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

tag : チューニング 横型エンジン

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ