シートは自分好みにカスタムすれば良い

先日ツーリングに行って来ました。

モンキーでツーリングに行くに当たって、不安材料はシートです。
141115_1115~020001

シートの何処がどう悪いのかと言うと車体とのマッチングが良くない事です。

モンキーのリヤサスはJazzのリヤサスですが、元々短いのに
滅茶苦茶硬いサスなんで車体に突き上げが来ます。

平坦な街中なら問題無いんですが、アップダウンの激しい
ウネリのある道では乗り心地が良くありません。

しかし、フロントサスを25mmカットしてシャコタンにしている関係上
リヤサスを長くしてケツ上げにはしたくありません。

社外のサスを探してもJazzより短いサスが売っていないので仕方なく使っています。

逆に同じ長さの柔らかい物が在ったとしても、走行中にマフラーを擦ったり、
リヤフェンダーが巻き込まれたりするのも困ります。

従ってシートで吸収するしかありません。

今使っている安物のTLシートはクッションが柔らかいです。

それでいて薄いので走行中は完全に潰れた状態に近く、
路面の悪い所では突き上げた衝撃がケツに直撃します。

理想は座った時に適度に沈み路面の突き上げのある時は
残りのクッションで吸収することが出来れば痛くなりません。

2段階の硬さを持つシートが理想です。

そこで、シートに硬さの違うクッションを仕込む事にしました。

早速近所のホームセンターで使えそうな材料を調査しました。

床に引くマットや風呂のマットなんかを感触を確かめながら
30分探して見つけました。
141115_1116~020001
ゴムマットなんですがゴムより柔らかく、沈み込みますが
シート材質より硬いので良い感じです。

早速シートを車体から取り外し分解します。
141115_1134~010001

爪を起こしてシートの表皮を剥がして行きます。
141115_1137~010001
マイナスドライバーで起こせば簡単です。

剥がすとウレタンのクッションとシートベースに分離できます。
141115_1138~010001

買ってきたマットをシートに当て切り取る部分を下書きします。
141115_1142~010001
今回は20mm厚のマットです。

クッションの方にもマットを仕込む為の切り込みを下書きします。
141115_1153~010001
20mm厚なんで20mm分削ります。

少し固めが好きなので、ウレタンの上にマットを張る事にしました。

柔らかいクッションが良い場合はマットを下に入れた方が良いです。

クッションとマットをカッターナイフで切断し合わせて見ます。
141115_1201~020001
表皮を張る前に形を整える必要があります。

後は元に戻して完成です。

このマットは10mm刻みで3種類の厚みがあるので
ベースのウレタンの硬さに合わせて厚みを変えると
好みの硬さにできると思います。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?
スポンサーサイト

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

tag : モンキー

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ