遠心クラッチ

今まで所有したバイクで遠心クラッチエンジンって
4Lモンキーの72ccだけだったんで、
構造をジックリ見た事が無かったんです。

カブ系エンジンを弄って20数年になりますが
遠心クラッチのまま乗る事は無く
マニュアルに変更してしまうので構造は
全く分かりませんでした。

今回のエンジンはレギュレーションで遠心クラッチを
使わないといけません。

そこで庭に放置してあるジャンク箱から
部品取りに使えそうな遠心クラッチを
集めてみました。

ジャンク箱に大量に放置していたクラッチも
自分で使った記憶は全く無いんですが
自然と集まった物です。

今回良い機会なんで、遠心をイロイロ楽しんで見ようと思います。

取り合えず分解してみました。

スナップリングを外すとクラッチ板がセットで外れます。
150205_1613~01
画像は6V用なんでウエイトローラーが8個ついています。
150205_1613~02
これが遠心力で拡がりクラッチ板を抑える仕組みです。

クラッチ板の真ん中に見えるのはワンウェイのクラッチ?で
駆動側からの回転でクラッチが繋がる仕組みみたいです。

スリッパークラッチの逆バージョンみたいな感じですね。

更に分解してみました。
150206_1639~01

クラッチスプリングと言って良いのか分かりませんが
遠心力で拡がったウエイトでディスクとスプリングの双方を押しているので
スプリングを強化しても実際の滑りに対しては効果が薄いと思います。

しいて言えばスプリング側にウエイトの力が逃げないので
ディスクに対し早目に伝達力が上がるだけだと思います。

12Vのクラッチだとローラーの代わりにプレートが4箇所あり
50用と90用ではプレートの個数が違うだけのようです。

これって、スクーターのウエイト換えるのと原理が同じですね。

イロイロ手探りで弄ってみようと思います。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?
スポンサーサイト

テーマ : パーツ
ジャンル : 車・バイク

tag : 横型エンジン

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ