セミオートテンショナー造りました

オートテンショナーの利点は面倒な調整が無い事です。

その反面走行中のバルブタイミングが常に変化している事と
強めのテンションが掛かり抵抗が多いとかイロイロと不満もあります。

マニュアルテンショナーは調整が面倒な反面バルブタイミングが
ずれ難くバルブとピストンのクリアランスがギリギリの時に
安心感があります。

そのどちらのメリットも活かせる部品を造りました。

セミオートテンショナーです。
150510_1858~01
オートテンショナーの下に入れてオイル抜きのボルトを
ロックできる長さのボルトに変えボルトに着けた
Oリングをナットでシールします。

ブローしたカブのテンショナーは調整を
マニュアルテンショナーの部品で調整していました。

セミオートはスプリングでテンションを掛けている為
ロックボルトを緩めて締め直すだけでテンション調整が
簡単に出来ます。

しかも緩む側にズレない構造なのでバルブタイミングのズレも無く
テンションもキツクなりません。

次のカブエンジンに投入します。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

tag : 横型エンジン カブ

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ