2号機のクランク

カブ2号機のエンジンに使うクランクを振れ測定とか
振れ取りをしていました。
150524_2220~01
振れは規定値以内の最大0.03mmです。

ベアリングのクリアランスもあるんで実際には全く問題の無いレベルだと思います。

このクランクカブベースなんでコンロッドが軽いんです。

だから回り方も軽いです。

手で回した時に回転を維持する時間が長いです。

もしかすると、モンキークランクベースの1号エンジンより
フィーリングが良くなるかも知れません。

エンジン全体の基本的な加工は1号機と同じなんで
性能に差が出るとしたらカムとクランクの違いです。

個人的な見解なんですが、ピークで10000回転までしか使わないエンジンには
クランクは何もしなくて大丈夫だと思います。

しかし、レース用の横型エンジンでは常用で10000回転で走行し
ピークで13000回転以上回す事が普通です。

高回転を常用するレーシングエンジンにはクランクの調整が必要です。

軽く回るクランクを造る事でエンジン全体のストレスを減らし
耐久性も良くなります。

今週末は予定があるので来週から分解し始めます。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

tag : 横型エンジン カブ チューニング レース

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ