限界はどこ?

今年モンカブ耐のエンジンを造り始めて久しぶりに
本気でエンジンを弄っています。

最近は排気量の大きい中華エンジンを街乗りに使っているので
カムとポート加工位のライトチューンが中心でした。
(振動対策でクランクは弄ってます)

考えてみると国産50ccから乗り始めた頃はイロイロと試して
データを取ったり色んな影響を調べたりして熟成してました。

昨年組んだモンカブ耐用エンジンは高回転狙いで14000回転後半まで回りました。

それ以上はキャブがリミッターになり回らなかったんですが
今年はキャブを少しサイズアップして15000回転越えを目指します。

換えるならPC18が一番良いのですが手持ちを出したくないので探します。

場合によってはPB16を加工して更に燃焼を改善する準備もしています。(謎)

取り合えず4速のキャブは内径を大きく加工しているので
3速のキャブも同じ加工からスタートします。

15000回転ってツインカムじゃないと到達できなさそうですが
バルブ周りの軽量化とカムチェーンの駆動系を見直して
更に上を目指そうと思います。

ツインカムが超えれてシングルカムが超えれない理由は無いと思います。
(それ以上の領域は無理ですが)

不利なのはカムの本数じゃなくてバルブの数です。

吸気バルブが2個だから超えれるのなら吸気効率を
そこに近づければ超えれるんじゃないかと思います。
(同じになる事は絶対ありえませんが)

残り300回転位なんで行けそうな気がします。

一度は2速で14980回転と突破直前の時もありました。

やはり未知のゾーンなんで怖いです。

今後は保険の為にアルミリテーナーやら軽量パーツを量産します。

社外のアルミリテーナーは薄いんで割れそうで怖いです。

鉄のリテーナーで回しているとバルブにコッターが喰い込んで
バルブ側が変形してガイドから抜けなくなります。

今のエンジンは分解する時にバルブが抜ける気がしません。

抜けなかったら、そのまま組み直して誰かにプレゼントします(爆)

現在はバルブスプリングも純正を使っていますが
ソロソロ限界のようなので軽量化の効果を見ながら
少し強化しようと思います。

それと秘策があるので試してみようと思います(笑)
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←たまにはプチプチどうですか?
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

tag : チューニング

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ