FC2ブログ

何と言う事でしょう~

今日は病院に行くので有休でした。

昼からFZR250の修理を始めました。

一番怪しいクラッチを今回初めて分解して見ます。

まずはアンダーカウルを外しクラッチカバーを外す準備をします。
1545729344838.jpg
1545729353524.jpg

クラッチカバーのボルトを緩めますが何故か2本だけシール材が塗られています。
1545729361579.jpg

カバーを開けるとクラッチの分解ができるんですが、その裏側を見たいのですが
ケースの形状的に無理な感じです。
1545729375694.jpg

順番に分解して行きます。
1545729389482.jpg

クラッチ板をセットで外し
1545729456809.jpg
センターのナットを緩めたら外せる筈なんですがね。

センターの部品を外せば全体を傾けて抜けそうなんですがコツがあって
分かるまで苦戦しました。
1545729463810.jpg
バスケットの爪が一箇所短いので、そこをジェネレーターの方向に合わせると外せます。

クラッチは特に問題無さそうに見えます。
1545729476513.jpg

外したケースの間からシャフトを回して、ミッションギヤの回転を確認しましたが
特に問題無く回っています。
1545729488752.jpg

ここまでして何か見落としている事に気が付きました。

外れる前に換えたチェーンがタルタルなんですよね~

もしかしてと思いカバーを外したらビンゴでした。
1545729525574.jpg
フィキシングプレートが脱落してスプロケがフリーになっていたようです。

軽トラに載せる時に、短時間に伸びたな~と思ってました。

走行中にガチャガチャ言わなかったので全然ノーマークでした。

きっと、信号待ちで外れて発進できなくなったんじゃないかと思います。
この後クラッチカバーガスケットを造って組み直しスプロケも固定しました。
1545729512944.jpg
少し試乗で海まで走って来ました。
1545729532941.jpg

14キロほど走って帰宅しました。

取り合えず直って良かったです。
スポンサーサイト

theme : バイクの修理・整備
genre : 車・バイク

tag : FZR250

comment

Secret

リンク
月別アーカイブ