中華ヘッド修理

たった2週間で、ヘッドの焼きついた
中華127エンジンですが修理をしながら
原因を調査して見ました。

先ずはヘッドを外してシリンダーが
致命的なダメージを受けていないか
調べてみました。
KC361164.jpg
シリンダーは焼きついていなかったので
一安心です。

ついでに、ボアは測定で54ミリでした。
スタッドのオイルラインにはオイルが
回っていました。

取り合えずヘッドの修理だけで復活できる
目処がたったので修理に掛かります。

修理に必要な物は12V用のカムと
ロッカーアームです。

余っていた武川のN1カムと
軽量ロッカーアームを装着して見ます。
KC361165.jpg
左はデコンプ付きチャイナと武川カム

ヘッドには納まりました。
KC361168.jpg
しかし、中華エンジン独特の問題があります。
KC361158.jpg
12Vのカムスプロケットが小さいので使えません。
しかも取り付け穴が12Vは2個で中華は3個です。
KC361159.jpg
中華カムスプロケットに穴を開けて12Vに
装着できるように加工しました。

ロッカーアームはカムとセットで12V用を装着します。
KC361162.jpg
デコンプはカムが無いので取り外しました。
取り外したデコンプの厚み分ロッカーが
横方向にガタつくので、座金を入れて調整しました。
にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ 
スポンサーサイト

テーマ : 4MINI
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ