中華124エンジン分解

今日は先週購入した中華124エンジンを
分解しました。

最初はキック周りの分解のつもりでしたが
キックシャフトが激しく曲がっており
結局は全バラになりました。
KC361930.jpg
KC361931.jpg

激しくと言うのも普通は先端が曲がる程度か
酷い場合は折れてしまうと思うんですが
今回のエンジンはクラッチカバーの
内部まで曲がっていたので相当の怪力の
持ち主が乗っていたようです。

見た瞬間諦めがついたので、インパクトを
使ってサクサク分解しミッションも点検しました。

やはり3速ギヤの爪が入る部分にクラックが
入っていて触るとポロッと欠けました。

2速の爪はダレていなかったので、
そのままでも良さそうです。

ギヤとシムの最適化を行ったら
ギヤもカチカチ入り爪も深く入るように
なりました。
対策前↓
KC361933.jpg
対策後
KC361932.jpg
よく見ないと分かりません。

折角全バラにしたので、クランク削って
3バルブ用のハイカムを組んでみます。

あまり真剣に弄ると愛着が湧くので
ソコソコで止めておかないと売れなくなります。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみよう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ