強化パーツ組み込み

今日は、先週造ったテンショナーローラーと
強化プッシュロッドを中華150エンジンに
装着してみました。
KC361990.jpg
↑分解中
KC361991.jpg
↑強化プッシュロッド
KC361993.jpg
↑ベアリング入りテンショナーローラー
KC361992.jpg
↑組込後です。

装着した感想ですが、正直パワー有り過ぎで
判断が難しいです。

しかし、3速での吹け切りまでの速さは
充分体感できました。

VM26が完全に全開で頭打ちの回転までの
時間が短くしかもPE33で回っていた
領域に近いところまで吹き上がっています。

今までだと全開になっていても
スロットル開度の何%かは加速が鈍って、
エンジンの回転の上がらない領域が
発生すると思いますが、エンジンが
回りたがるのでVM26で完全に全開まで
回り続けました。

キャブがリミッター状態まで回ったのは
75ccで走っていた時以来久しぶりの
感覚です。

明らかに、エンジン側がキャブのキャパを
超えていると言う事になりますから
実際にパワーが上がっていると思われます。

壊れかけのタコメーターでも見ても
変更前よりも回転数の上昇は確認でき
全域でトルクの向上も体感できました。

この様な部品のテストは、排気量の
少ない仕様でテストした方が
変化が分かり易いので、88ccの
ジャズにも付けてみようと思います。

後は耐久性が気になるので、暫く
乗ってみて1ヵ月後に分解して
磨耗具合とか確認する予定です。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ