50ccチューニングの奥深さとは・・・

国産50ccエンジンを久しぶりに
本格的にチューニングしています。

50ccのままでは圧倒的にパワーと
トルクが足りませんが、そこをトータルで
速くなるようにするのが醍醐味だとおもいます。

具体的に何をすれば速くなるのか考えると
まずは高回転の伸びと高回転までタレずに
付いてくるトルクがあればソコソコ速くなると思います。

なぜなら4stはトルクが低い回転で出て
その後フラットもしくはタレて落ちて行く事が
多いです。

パワーはタレ始めるあたりからピークに
上がって行くので速度を乗せようとすると
トルク不足で回転が上がらないピーキーな
エンジンが一般的です。

フラットトルクなエンジンは加速が
最高速まで維持されるので結果的に
乗り易いです。

しかし、トルク側に振ったエンジンは
ピークの回転数が低くなり結果的には
乗り易いが、回らなくなる為頭打ちが
早くなり最高速も落ちます。

高回転の気持ち良さが無くなる場合が
ほとんどで典型的な例はボアアップした
ノーマルカムのエンジンはこんな感じです。

ここで、パワーバンドまで無理矢理回転を
上げようと考えるとエンジンの負荷を
減らすためにギヤ比を加速寄りに振る事も
重要です。

排気量の小さいエンジンでフロントスプロケを
大きくして最高速が落ちたとか回らないのは
適切なギヤを選択していない事が原因です。

ただし、最高速を小さいフロントスプロケで
出そうとすると回転数を通常より数千回転
上げる必要があります。

ノーマルモンキーがMAX9000回転で
55キロだとすると13000回転まで
ピークを上げると75キロ近く出ると
思います。

ただエンジンは回転が上がると
ロスが大きくなったり車体の
空気抵抗が増えたり、車輪の
転がり抵抗も増えます。

そこを限りなく抑える事がカギになります。

この辺りは経験値とか部品選択や車体の
セッティングも関連します。

例えば同じパーツをポン付けで組んでも
人によって速さが違うのは、この微妙な部分が
大きく効いていると思います。

もちろん組み付ける前の準備や組み付け方の
ノウハウも仕上がりに大きく影響するので
手抜きは出来ません。

具体的な事は何一つ出ていませんが
そんな事を意識して組み立てたり
削ったりしていると言う事です。

イライラする内容ですいません。

あくまでも個人的見解ですので
違うと感じる人は、それで良いと思います。

だって、考え方は人それぞれですから…

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ