FC2ブログ

腰下組み立て完了しました。

昨日ですが、SS50エンジンの
腰下を組み立てました。
KC362263.jpg
ケースが汚いですが、腰上を組んでから
磨きます。

オイルポンプのギヤに悪戯をして壊してしまい
作業が中断していましたが先週届いたので
作業ができました。
110320_1624~01
FMVも写っちゃってます。
KC362264.jpg
テンショナーとオイルポンプギヤの位置も
バッチリです。
KC362265.jpg
作業の画像ですが、何故かカードリーダーから
読み込めない為アップロードが出来ませんでした。

腰下の組み立て自体は何時もと同じで
特に普通に組んでいますが
組み立てていて、またまたアイデアが
浮かびました。

名付けて「3点支持一次側クラッチプッシャー」です。
普通にクラッチのセンターを押して
オイルスルーと接続している部品ですが、
ここを加工してクラッチのブレを
無くしてみようと思います。

なぜココに着目したかと言うと元々
クラッチセンターにベアリングが
入っているのにただ押しているだけでは
勿体無いと思ったのです。

またアウター自体がクランクに
固定されているディスク側にガイドされて
スライドしているだけで、押されている間は
プッシャーの面でしかブレを抑えていません。
(ブレを抑えようと考えた部品でもないですが…)

1次側クラッチのアウターは
10000回転以上はバラバラになる
危険性がありますが、センターが出て
ブレなければ、このリスクが減るかも
知れません。

今度中華124エンジンのクラッチを
強化スプリングに換えるので
試してみようと思います。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト



theme : スーパーカブ系
genre : 車・バイク

comment

Secret

リンク
月別アーカイブ