中華125エンジンのクランク加工をしてみました。

中華の125ccのバラバラ部品取り
4速エンジンをYオクで購入したのですが
クランクのピンがズレていて、しかも
バランスも振れもグチャグチャの
状態でした。

このエンジン実は3基持っていて
5速と4速2台あります。
MVC-308S.jpg(画像は5速です)
5速は新品で買って全バラにして
組み直した当初はパワーがあって
気に入っていました。

しかし、昨年急にパワーが落ちてきたので
今回のクランクと同様にクランクが開いて
性能が落ちていると思います。

話を戻して、この4速バラバラエンジンの
クランクの振れを見た時に振れが0.1mmと
大きい事と修正しようと試みましたが
全く直らずに見捨てていました。

修正をすると逆側にズレが大きくなり
少しの衝撃でガクッとズレるの繰り返しです。

原因はクランクピンの圧入荷重が低く
ピンとクランクがズレ易いのでクランクが
ねじれたり開いたりしています。

そこで、ある程度の妥協できる状態まで
芯出ししたクランクピンの溶接をして
みました。

しかし今度はコンロッド大端部の
ベアリングの保持機がロックして
ニードルベアリングが回らず、そのまま組むと
コンロッドが焼き付くのでクランクを
捨てるつもりでした。
110525_1624~01
しかし、溶接部の表面を削ってピンを
外から打ち込んだら今までの
ズレが収まりました。

多分溶接した部分が穴に喰い込んで
楔の換わりになっていると思います。

振れも0.03mm以下に収まって
少し加工したぐらいではズレずに
落ち着いています。
(実際は0.025mmです)

と言う事で再度溶接を行いピンを
固定してバランスを取り直しました。
110525_1634~01
直立するようになりました。

コンロッドも磨いて軽量化したので
適度に振動は少ないと思います。
110525_1624~02
このエンジンのヘッドは、確か
INが28mm位とスパへ並に
バルブが大きくパワーがあります。

少しずつ組んで完成させる予定です。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ