中華125エンジンの組み立て1

昨日から中華125エンジンを組み立てています。

今年の連休は雨が降らなくて時間も
あるのでジックリと組めますね。

仮組み前にミッションのギヤを
一通り見て異常はありませんでした。

ミッションを左ケースに収めてシフトドラムを
手で回してギヤの位置や入り具合を確認しました。

中華の場合は国産と違い一部の部品が無い事と
ニュートラルの信号の取り方が違うので
ミッションのトラブルを起こします。

今回もドラムの位置が微妙に左寄りな感じで
3速の噛み合いが怪しいのとニュートラルで
2速ギヤが擦っているので重たい症状がありました。

このエンジンと同じメーカーの5速も
持っていますが、同じ症状があったので
設計上の問題だと思います。

対策として、いつもなら旋盤でシムを
造りますが、それほど厚みも要らない寸法なので
アルミ缶をカットしてシムを造りました。

造ったシムをセットしてニュートラルで
ドライブシャフトを回してみましたが
とても軽くて良い感じです。

確認の為右ケースを組んで回り具合を
確認してみました。
110813_0957~010001
仮組み状態でシフトしてみましたが
スムーズに入ります。

部品の確認を兼ねて一通りの
部品を仮でセットしてみました。

現在足りない物は、ケースクラッチ側カバーの
プッシュロッドやクラッチ本体の
カバーガスケットです。

しかしケースクラッチ側カバー自体が
そのままでは使用不可な状態なので
国産のカバーに変更するかも知れません。

にほんブログ村 バイクブログ 4MINIへ ←プチプチ押してみましょう
スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

PINKS

Author:PINKS
原付弄り好きのオヤジです。
週末は4ストMINIとATVに
ハマッテます。
49ccチューンから
エンジンスワップまで
原付を楽しんでいます。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ