FC2ブログ

チョイノリ

今日はチョイノリの修理をしました。
最初はキャブが、不調と思いキャブを
交換したんですが全然症状が変わらない為
ヘッドのカバーを開けてバルブ周りを
観察して見ました。
クランクを手で動かして見ると排気側の
バルブの動きが変な事に気がつきました。
具体的に言うとバルブが微妙に3回リフトして
最後のリフトでも吸気バルブよりもリフト量が
半分以下です。
多分カムシャフト軸が壊れている状態みたいなので
予備エンジンに載せ替える事にしました。

すると・・・


こちらのエンジンはオークションで3000円で落札
された物なんですが、ヘッドのボルトが
2本無くなっている為怪しいと思い
外して見ると何とバルブがロックしていました。
ただ、車体側のエンジンと違いロッカーアームの
動きは、正常なのでヘッドのオーバーホールをすれば
使えそうなのでヘッドを外す事にしました。
外す時に気になったのはヘッドガスケットなんですが
チョイノリのヘッドガスケットは、アルミ製なので
再使用が可能です。(良くはないですが)
最悪は車体側のエンジンのヘッドに
変更しても直ると思い外してみたら
バルブステムが錆びて張り付いているだけでした。
バルブを外してステムを磨いてオイルを塗って
慣らしてから組み直したら、エンジンは、
すんなりと掛かり絶好調に成りました。

初めてOHVのエンジンを分解したんですが
非常に簡単で楽でした(^v^)
次はポート加工とかも面白いかもしれませんね。




自分のじゃないんですがね(^◇^;)
スポンサーサイト

comment

Secret

ヘッドがポコット・・・

OHV&リジットフレーム←バイク乗りが聞いたら10人中10人がハー○レーって思っちゃいますよね(全く似ていませんが)
ヘッドはボルト4本緩めるだけで外れてしまうんで凄く楽でしたよ。
見た目の可愛さと、このエンジンの不思議な面白さに嵌りそうです(^◇^;)
バルブはOHVらしくシリンダーに真直ぐ平行に2本並んでいて、ポートも機械削りで適当な感じなんですが、そこがまたヤル気を出させてくれるところです(^v^)
予備エンジンが在るので、ヘッド面研とかポート加工とかしてみたいですね(自分のじゃあないですが)

チョイノリってOHVなんですね!W( ̄△ ̄;)w

OHVエンジン...リヂットフレーム...
↑コレだけ聞くとオールドハーレー風味ですね!
リンク
月別アーカイブ